Cinem@rt アジアをもっと好きになる

日台合作BLドラマ「+-正負之間」クランクイン! マックス・リン&ハオ・シー、キレイ・チェン&マット・リーのカップル2組がロマンチックな都会ラブストーリーを紡ぐ

台湾の文化內容策進院(文策院 / TAICCA)、日本のRakuten TV、SPO Entertainment Inc, 、ビデオマーケットと台湾のCATCHPLAYによる共同制作BLドラマ「+-正負之間」(原題)が先日クランクインした。

本作は「Be Loved in House 約・定~I Do」や「隔離が終わったら、会いませんか?」などのBLドラマを手掛けた制作チームの最新作。主演を務めるのは若手俳優のマックス・リン(林上豪)、ハオ・シー(石承鎬)、キレイ・チェン(鄭齊磊)、マット・リー(李見騰)。この4人は高い顔面偏差値で注目を集めるだけでなく、2組それぞれの現場でのやり取りから濃厚なカップル感が感じられる。本作は来年、日本と台湾で同時配信予定。詳しくはオフィシャルSNS(Twitter、Instagram、Facebook) にてご確認を。

 

「+-正負之間」は、2組のカップルの恋愛ともつれを描く。惹かれ合う正と負の両極は、どこにいたとしても互いのためだけに存在する。

マックス・リンとハオ・シーが演じる「鄭傅CP(チェンフCP)」は幼稚園からの幼馴染。子供の頃から近所に住み、社会人になっても同じ会社で働いているが、ある意外な出来事で20年以上も続いた友情のバランスが崩れてしまう。台湾ドラマ「腦波小姐(原題)」に出演したマックス・リンは、本作で初めて主演を務める。今回の出演に対し、マックス・リンは「異性愛も同性愛も自然なこと。主人公の親友に対する友情が恋愛感情へと変わる心境を演じるのは一番大きなチャレンジだが、面白さもあるので、この撮影過程を楽しめるようにしたい」と語った。

「HIStory3那一天~あの日」に出演したハオ・シーは自分自身を、人と親しくなるのが時間かかり あまり積極的ではない性格だが「甘いものを補充するタイプ」の恋人だと話す。「いつも傘やティッシュ、アルコール、チョコレートなどを持ち歩いていて、日常生活に起こるハプニングに備えようとしている」。また、普段からよくネットでスイーツを取り寄せて仕事仲間や友達にご馳走する彼は、本作でも友達に誕生日ケーキを買う展開に臨む。ハオ・シー曰く、自分の性格が本作で演じるキャラクターに似ているそうで自分のことを「付き合ってみて、安心感を感じられたら完全に素の自分を出せるタイプ」だと語った。今回の出演にあたって、彼は時間かけて監督と話す以外にも、毎日トレニンーグをしてボディラインをきれいに見せるように努力している。

もう一つのカップル「加簡CP(ジャジェンCP)」はキレイ・チェンとマット・リーが組み、二人は真逆な生活を送る。キレイ・チェンが演じるのは、今を生きる魅力満点なバーテンダーで、マット・リーが演じるのは、過去のことを手放せないバツイチのクリーニング店のオーナー。二人の職場は近いが、営業時間が異なり夕方にしか顔を合わせない。ある日、クリーニング店のオーナーが思いがけずバーテンダーの眩しいナイトライフに入り込み、二人はぶつかり合いつつ徐々にお互いの本心を分かり合っていく。

台湾のバンド「告五人」の人気曲「愛人錯過」のMVに出演した、バーテンダー役を演じるキレイ・チェン曰く、初めてBLドラマにチャレンジし傍観者の立場から自ら体験してみたことで、一番感慨深かったのは「好き」という気持ちは性別に関係ないことだという。特に感謝の気持ちを伝えたいのは、本作で彼と恋人を演じ、撮影中でもプライベートでも色々と助けてくれたマット・リー。そんなマット・リーは、日本の俳優・永山瑛太に似ているとよく言われ、演技の先生も勤めている。マット・リー曰く、BLドラマへの出演を決めた時に大きなプレッシャーを感じたという。「BLドラマをずっと観てきた視聴者の方々にとって、BLドラマはとても神聖だと分かっています」と話し、自分のパフォーマンスが視聴者の期待に沿えるかが心配だったそう。しかし、演じることを通じて彼は「愛し合うことは、二つの魂が出会うことだと感じた」と語った。また、今回の出演も、彼の今までの演技経験の中で一番ときめいたという。

「+-正負之間」は「Be Loved in House 約・定~I Do」と「隔離が終わったら、会いませんか?」を手掛けたアニタ・ソン(宋鎵琳)がプロデューサーを務め、ジアン・ビンチェン(姜秉辰)が総監督、ホアン・イーシュン(黃弈勛)が監督を務めながらジーディエン(季電)と一緒に脚本を手掛ける。キャスト陣にはマックス・リン、ハオ・シー、キレイ・チェン、マット・リー以外にも、リー・チェンシャン(李辰翔)、リン・ミンセン(林明森)、リン・イーシン(林逸欣)、エイミー・アイ(艾雨帆)、フローラ・グー(古承頤)、ポリス・ワン(王品澔)なども確定。

本作に関する情報はオフィシャルTwitter(@plusminus2022)、Instagram(https://www.instagram.com/plus_and_minus.official/)、Facebook(https://www.facebook.com/plusandminusofficial/)にてご確認を。

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP