Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【中国時代劇トリビア】第71回「独孤伽羅」史実の宇文護はどんな人だった?& 宇文護を演じた俳優たち

乱世の中、欲望と策略に巻き込まれながらも誇り高く生きた女性、独孤伽羅を描いたドラマ「独孤伽羅~皇后の願い~」。物語の中で、憎まれながらも圧倒的な存在感で心を掴む宇文護について、今回はご紹介していきます!

宇文護(うぶん・ご/513~572)は北周の皇族で、字名は薩保。宇文一族は、匈奴を祖先に持つ鮮卑の遊牧騎馬民族。北周の創始者である宇文泰(505~556)の兄・宇文顥の子で、兄は宇文什肥・宇文導。     


「独孤伽羅~皇后の願い~」宇文護(シュー・ジェンシー扮)


宇文泰の死後、北周の権力者として国力増強に努める一方で、権力欲も強く、その専横に反発した重臣の趙貴と独孤信を殺害し、宇文泰の後継となった天子の二人(宇文覚・後の孝閔帝と、宇文毓・後の明帝)の命も奪ってしまいます。政治家として北周への貢献は多大なるものがあった一方、暴虐で独裁的な手腕があだとなり、従弟の宇文邕(武帝)によって謀殺され人生の幕を閉じます。


「独孤伽羅~皇后の願い~」宇文護


このように善と悪の両面を持って評価される宇文護には、隠れた逸話がありました。

戦乱の時代に生きる者の常か、宇文護もまた幼い頃から運命に翻弄され、早くに父を亡くし、18歳で母・閻姫と生き別れになってしまいます。以後、母の生死も分からぬまま時が流れ、35年の後、敵対する北斉から、身柄を預かる閻姫の書簡が宇文護の元に突然に送られてきます。

この時期、保定3年は、北周が突厥と連合して出兵し、北斉を南北から挟み撃ちにしようと策を巡らせていた頃。攻撃を避けたい北斉の武成帝は、これより前に捕えていた武帝の親族らと閻姫らの帰国を条件に、北周に和平を提案してきたのでした。


「独孤伽羅~皇后の願い~」宇文護


やがて武帝の第四姑らは先に帰されますが、閻姫は武成帝側が有利に事を進めるために利用され、宇文護に宛てた救命の書をしたためることになります。この時、閻姫は80歳、息子の宇文護は52歳。

母からの書簡には「長きにわたって生死も知れず胸が張り裂けそうな思いでいました。ましてや、離れて暮らす息子の悲しみを思えば、いてもたってもいられない」という切なる親心が綴られていました。この書簡をみた宇文護は、「周書」に“顔をあげて正視できる臣下がいなかった”と記されるほどに、嘆き悲しんだそうです。

そしてすぐさま返信をしますが、北斉は閻姫の帰国を認めませんでした。その間に再三の母子書簡のやりとりが行われ、北周がしびれを切らす寸前で、閻姫は無事帰還叶うことに。念願の再会を果たした宇文護は母を手厚く迎え入れ、閻姫は帰国後の3年間を息子と共に幸せに暮らし、逝去しました。

宇文護の母へ送った書簡には、一心に「母への不孝をわびたい」という思いがつづられており、そこには暴虐で冷酷な政治家としての顔はありません。こうした二面性が宇文護というキャラクターをより面白く、想像を掻き立てる存在にしているようにも思えます。

激動の人生を送ることとなった母の閻姫は19歳で宇文顥に嫁ぎ、29歳で宇文護を出産。40歳で宇文顥を亡くして寡婦となり、46歳で宇文護と生き別れ、80歳で再会を果たす。戦乱の中、三男三女を必死に守って生きた、強く優しい母のような女性を、宇文護はどこかで求める人だったのかも……しれませんね!?


「独孤伽羅~皇后の願い~」宇文護


<次のページ:宇文護を演じた俳優たち>

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP