Cinem@rt アジアをもっと好きになる

第42回アヌシー国際アニメーション映画祭グランプリ『FUNAN フナン』場面写真解禁

第42回アヌシー国際アニメーション映画祭で見事グランプリを獲得した『FUNAN フナン』が12月25日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMA、シネ・リーブル池袋ほかにて公開。公開に先駆け、著名人コメントと新場面写真が解禁となった。

『FUNAN フナン』は、ポル・ポト率いるクメール・ルージュに支配された1975年以降のカンボジアを舞台に、息子と離れ離れになってしまった母親チョウの激動の日々を描く。

監督、脚本は本作が長編初監督作品となるドゥニ・ドー。名門アニメーションスクール、ゴブラン・レコール・デュ・リマージュを卒業後、フランス生まれでカンボジアにルーツを持つ彼が「どうしても作品にしたいと思っていた」と語る史実と自身の母親の体験を基にしたアニメーションは、アヌシーでのグランプリを始めエミール賞での脚本賞とサウンドデザイン賞のW受賞など、世界中で高い評価を獲得した。

この度本作の新場面写真が公開。カンボジアの雄大な自然を捕えたスチル、美しい夕焼けを背景に、不穏な表情の男が佇むスチルなどが解禁となった。

  

『怪盗グルーの月泥棒 3D』 などのアニメーターとして活躍する、本作のアート・ディレクターのミッシェル・クルーザは「製作がスタートする前に2回、カンボジアに向かい、写真や逸話、証言など、できるだけ多くの記録を集めました。その結果、現地で見た風景の美しさを映画にする必要があると感じました。空の広さや、日当たりの良さは、とても思い出深いです」と語る。

ドゥニ・ドー監督は、「自然の前では人間が無力、または孤独であるということを感じます。ズームインやアウト、フレームの切り替えが自由なアニメーションならではの風景の雄弁さが映っていると思います」と語る。

そんな本作を鑑賞した各界著名人からのコメントが到着。

女優でユニセフ親善大使としての活動で知られる黒柳徹子、『シアタープノンペン』で監督のナビゲーターを担当した劇作家、演出家で女優の渡辺えり、2016年に『淵に立つ』がカンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞、同年のアヌシー国際アニメーション映画祭では『ざくろ屋敷』が正式招待され、フランス芸術文化勲章も受勲した深田晃司監督、『さよならの朝に約束の花をかざろう』などを担当したアニメーション美術監督の東地和生、イラン出身で女優として活躍するサヘル・ローズ、カンボジアを自らの原点と語る「僕たちは世界を変えることができない」の著者で総合診療医の葉田甲太、新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクターの土居伸彰、女流棋士で声優としての顔も持つ香川愛生からのコメントが到着した。

  

=====

ユニセフの視察でカンボジアのプノンペンに行った。
おびただしい頭蓋骨や人骨が、村々にあった。
おびえて暮らした助産婦さんの顔は恐怖のしわで、おおわれていた。
この『FUNAN フナン』は、なぜそんなことになったかアニメーションで教えてくれる。人間の愛も。心ゆさぶられる映画。
黒柳 徹子(女優・ユニセフ親善大使)


私が演劇に明け暮れ、アルバイトがきついと愚痴をこぼしていた
二十歳の頃、役者も演出家もみんな殺され、戯曲を読むことさえ禁じられた国があった。
演劇人を含む200万人が殺されたのはつい45年前のことだ。
人間がここまで惨酷になれることを私たちは歴史を通して学んできたが、
美しいアニメーションが幾多のドキュメンタリーよりも更にリアルに臓物を掴んでゆすってくる。もう起きてはならないあってはならないストーリーだ。
渡辺えり(劇作家・演出家・女優)

素晴らしかった。線のひとつひとつに生と死が吹き込まれていた。
あまりにも過酷だった時代の暴力を、残虐さのリスト化から距離を置いて眼差しの連鎖で普遍化させた監督の聡明さに胸を打たれる。
風が吹き抜けるたびにこの映画のことを思い出すだろう。
深田晃司(映画監督)

雄大なカンボジアの原風景。
ただひたすら真摯に描かれた、地に足のついた世界観。
華美な物は一切なく、不必要に語る事もありません。
しかし、だからこそ、そこに生きる人間を鮮明に映し出し、
まるで光の中に照らし出される影のように、心に迫ります。
東地 和生(アニメーション美術監督)

何度も泣いた。夕陽がこんなにも冷たかっただろうか。
神様はいるか?悪とは?善とは?
いろんな角度から『アナタならどうする?』と問いかけられてくる作品。
生きるためなら何を選ぶか?家族か?自分の命か?もしくは・・・。正解は個人によって違う。
でも、共通していえるのは『生きるためには、すがるしかない時も、人にはある』
サヘル・ローズ(女優)

生きるという事は、こんなに大変な事なのだろうか。
ご飯を食べられること、お風呂にはいれること、病気になれば病院に行けること、映画をみられること。
そんな当たり前の日々が、一番大切で、幸せで、噛みしめるべきものなのかもしれない。
そんな事を改めて、この映画から教えてもらった気がしました。
葉田甲太 (認定NPO法人あおぞら 理事長)

本作においてアニメーションは、遠い世界の風が吹き込む窓となる。
かつてのカンボジアで、決定的な何かが起きたときに吹いたあの風。
それが体をかすめるのを、私たちは肌で感じる。それは私たちにも起こりえたことかもしれないと、体がそれを実感するのだ。
誰もが体感すべき、新たなアニメーションの傑作。
土居伸彰 (新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター)

日常を奪われて、大切な家族と引き離されて、いくつもの絶望が永遠に続いてしまいそうで。
苦しいけど、わずかな希望に支えられながら見届けるべき作品です。
母の実体験を基に描いたという監督が、残酷な時代を懸命に生きた人々をいかに想っているのかが伝わってきました。
香川愛生 (女流棋士)

 


『FUNAN フナン』
12月25日(金)YEBISU GARDEN CINEMA、シネ・リーブル池袋他にてロードショー


今はただ進むしかない、わずかな希望を頼りに―。

【ストーリー】
カンボジア、1975年4月。武装組織クメール・ルージュによるプノンペン制圧のニュースを境に、多くの住民が強制労働のため農村に送られる。一家で農村へ移動する道中、息子ソヴァンと離れ離れになってしまった母親のチョウ。農村での革命組織(オンカー)の監視による苛酷な労働や理不尽な扱いは、彼女と夫クンを、そして共に生活する家族を一人、また一人と追い詰めていく。しかし、チョウは決して諦めない。生き延びて、最愛の息子を取り戻すため―。

監督:ドゥニ・ドー アートディレクター:ミッシェル・クルーザ 『怪盗グルーの月泥棒 3D』
声の出演:べレニス・ベジョ 『アーティスト』、ルイ・ガレル 『グッバイ、ゴダール!』
2018/フランス、ベルギー、ルクセンブルク、カンボジア/カラー/フランス語/87分 原題:FUNAN  映倫:G
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ 東京、ベルギー大使館、ルクセンブルク大公国大使館、在日本カンボジア王国大使館
   配給:ファインフィルムズ     
Les Films d'Ici - Bac Cinéma - Lunanime - ithinkasia - WebSpider Productions - Epuar - Gaoshan - Amopix - Cinefeel 4 - Special Touch Studios © 2018

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP