Cinem@rt アジアをもっと好きになる

祝!米アカデミー賞国際長編映画賞タイ代表!『ハッピー・オールド・イヤー』本編映像 解禁

12月11日(金)より公開となる映画『ハッピー・オールド・イヤー』 は、実家の断捨離を決断した主人公が、その途上で家族や友人、元カレとその今カノまで巻き込んで展開する、あるある”が満載のホロ苦《断捨離》ムービーだ。

このたび、本作が第93回米アカデミー賞国際長編映画賞のタイ代表に選出されることが決定。それを祝し、誰もが 処分に悩んだ経験がある!? “元恋人のモノ にまつわるシーンを切り取った本編映像が解禁となった。

今回解禁された本編映像は、主人公ジーンが、 元カレの荷物を小包にして送り返すシーン。家中にあふれるモノを一度はすべて捨てたジーンだったが、捨てることへの罪悪感から、友人に借りたままだったモノを返して廻ることに。しかし、留学に行ったことで別れてしまった元カレ・エムのカメラとフィルムだけは直接返しにいく決心がつかず、宅配便で送り返すことにするが…。

「この住所は近所だから歩いて行ける」という宅配の受付係に対し、無表情で「 送ってください 」と頑なに言い続けるジーン。その 2 人のやり取りが、絶妙 な間合いも相まってクスっと笑ってしまうようなコミカル な場面となっている 。しかし、輸送される小包を見つめるジーンの姿は、スッキリしたというよりはむしろ名残惜しそうにも見え、元恋人の荷物の処分に悩んだ経験がある人は共感してしまうだろう必見のシーンだ。

『ハッピー・オールド・イヤー』は、12月11日(金)シネマカリテ 、 ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか全国順次公開。



『ハッピー・オールド・イヤー』
12/11(金)シネマカリテ 、 ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか 全国順次!

<STORY>
デザイナーのジーンは、スウェーデンに留学しミニマルなライフスタイルを学んで帰国する。かつて父親が営んでいた音楽教室兼自宅の小さなビルで、出て行った父を忘れられずにいる母、オンラインで自作の服を販売する兄と三人で暮らす彼女は、家を改装しデザイン事務所にすることを思い立つ。理想的な事務所にすべく、モノにあふれた家の“断捨離”を進め一度は全てを手放そうとする彼女だったが、洋服、レコード、楽器、写真といった友達から借りたままだったモノを返して廻ることに。友達の反応は千差万別で、なかなか思うように“断捨離”は進まない。そんな時、かつての恋人エムから借りたカメラを見つける。処分に困りながらも小包として送るが、受取を拒否され返ってきてしまう…。

監督・脚本・プロデューサー:ナワポン・タムロンラタナリット
出演:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、サニー・スワンメーターノン、サリカー・サートシンスパー、ティラワット・ゴーサワン、アパシリ・チャンタラッサミー
原題:ฮาวทูทิ้ง..ทิ้งอย่างไรไม่ให้เหลือเธอ(英題:Happy Old Year)2019年/タイ映画/1:1.5/113分/字幕翻訳:横井和子/字幕監修:高杉美和
配給:ザジフィルムズ、マクザム 協力:大阪アジアン映画祭 後援:タイ国政府観光庁
©2019 GDH 559 Co., Ltd.

www.zaziefilms.com/happyoldyear/

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP