Cinem@rt アジアをもっと好きになる

連載

【きゅんとあじあ】 SpeXialのEvan(エヴァン)からメッセージ動画が到着!

9月より台湾、中国で放送を開始している、台湾有力テレビ局GTVの新作ドラマ「明若暁溪」(ミンルオシャオシー/Moon River)は、「泡沫の夏」で知られる中国の著名作家ミン・シャオシー(明暁渓)の名作「明若暁渓」を実写化した期待作。



主演は、SpeXialのエヴァン(馬振桓/Evan)とズーホン(林子?/Sam)。ヒロインに「不良<ヤンキー>ですね」「終極一班3」のゾン・ペイツー(曾沛慈)が抜擢されています。



主題歌は、SpeXialのセカンドアルバム〈Break it down〉に収録されている「愛這種離譜感覺」。一緒に歌いたくなるようなキャッチーな曲で、ドラマのスタートにぴったりです。エンディングはゾン・ペイツーが歌う「雨季」。こちらは切ないバラード。ドラマの本編だけでなく、最初から最後までどっぷりと浸れますね。



さて、10月4日、台北にて本作のファンイベントが開催され、エヴァン、ゾン・ペイツー、ウーションらが出席し、500名のファンが駆けつけました。(ズーホンは兵役中のため欠席。残念!)











このイベントで、エヴァンとペイツーが、本サイトをご覧になっている日本のファンのためだけに、メッセージを送ってくれました! すごい!!(文:村野奈穂美) 

↓動画はこちら↓













ドラマ紹介:

武術の才能があり特待生として超名門大学・光?学院に入学した、田舎者の女子学生・明暁渓(ミン・シャオシー)と、ツンデレ系の牧流冰(ムー・リウビン)、ぽかぽか男子系の風澗澈 (フォン・ジェンチェ)、最大手財閥の後継人・東浩男(トン・ハオナン)という三人の貴公子(光?三公子)との出会いと恋を描く学園ラブコメディ。

いつも傍で暖かく見守ってくれるフォン・ジェンチェ(エヴァン)に好意を持つ一方で、ムー・リウビン(ズーホン)の、冷然な態度の奥に秘めた弱さにも惹かれてゆくヒロイン。はたして彼女の恋のゆくえは?



監督:ウー・ジェンシン(?建新)

出演:ゾン・ペイツー(曾沛慈)、ズーホン(SpeXial)、エヴァン(SpeXial)、シュー・カイチェン(徐開騁)、ツァオ・シーユエ(曹曦月)、ウーション(五熊/蔡頤榛)

台湾GTV総合チャンネルにて、月~木の夜8時から放送。





■関連記事

【きゅんとあじあ】 台湾発のボーイズグループ<SpeXial>への近道

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP