現在、毎日ちょい見せで期間限定公開中の「台北ラブ・ストーリー~美しき過ち」。本作で幼い頃に母を亡くしたことで心に傷を負う繊細な青年チェン・ユーエンを演じたモー・ズーイーに本作について話を聞いた。
※本インタビューは「台北ラブ・ストーリー」が日本DVDリリースされた2013年に実施されたものです。

<1>台湾ドラマ界ではとてもめずらしいこと 2018.11.22公開
<2>人生は美しい未来へ進むことができる 2018.11.26公開
<3>まさに「学校では教えてくれない愛」 2018.11.27公開 ※ネタバレあり※

【プロフィール】モー・ズーイー
台湾の俳優。15歳で俳優デビューし、舞台や映画を中心に活躍。初のアイドルドラマ出演となった「台北ラブ・ストーリー」で演技力が高く評価され、金鐘賞の主演男優賞にノミネートされた。最近ではドラマ「台北歌手」で主演と脚本を務め、第53回金鐘賞の最優秀長編ドラマ脚本賞を受賞するなど幅広く活躍している。

【12/28まで!「台北ラブ・ストーリー~美しき過ち」第1~4話公開中!】

=========

― まず、このドラマへの出演を決めた理由を教えてください。

このドラマの脚本家でもあり今回プロデューサーも務めたシュー・ユーティンさんは、僕にとって演劇界の大先輩でもあり、前々から「一緒にドラマを作ろう」とずっと言ってくださってたんです。

実は「台北ラブ・ストーリー」の制作時期は別の制作チームの作品へ出演予定があったのですが、その作品の制作自体が無くなってしまい、ちょうど時間があいてどうしようかな?と思っていたところにこのドラマへのお誘いをいただきました。同時にテレビ局側も僕の名前を出してくださったようで、時間が出来たうえに共に誘ってくださったので出演することになりました。


― 出演が決まる前に先に脚本を読まれたんですか?

はい。実はこの作品はクランクインする前にはすべて脚本ができていたんです。
僕が出演することが決まってから、キャスティングに合わせて脚本を微調整してくださいましたが、基本的にはクランクインの段階で最終回まで出来上がっていました。これは台湾ドラマ界ではとてもめずらしいことです。


― 最初に脚本を読んだ感想はいかがでしたか?

まず、シュー・ユーティンさんに本当に感謝しました。というのも、あまりにも素晴らしい脚本だったからです。彼女は台湾で本当に有名な脚本家ですし、こんなに素晴らしい脚本なら、正直僕よりももっと有名で人気のある俳優をキャスティングすることがいくらでも可能だったと思います。改めて誘ってくださったことに感謝しました。


― どんなところが素晴らしかったですか?

まずは、今までの台湾ドラマに無い物語だったところですね。最近の台湾ドラマは、御曹司と普通の女の子が恋愛していく設定が流行っているのですが、このドラマが語る恋愛は少し「道徳」から外れていて、ふたりの家庭も独特です。ヒロインのマンチンは路地裏に捨てられていたところを3人のママに拾われて育てられた子。僕が演じたユーエンは、母親の事故死によって父親との関係も崩れ、一人きりで生きてきた子。ふたりとも、異色な家庭の子供でそれぞれの寂しい葛藤は今までにない物語だと思います。

あともうひとつ、このドラマが台湾で放送されたときのキャッチコピーが「学校で教えてくれない愛について、私たちはどう学ぶのか」だったんです。どうやって人を愛するのか、どうやって人に愛されるのか。恋人同士の愛情や、家族との愛情については、学校では教えてくれない。生きていくなかで、挫折しながら気付いたり理解していくんだ、ということをテーマにしてるのがすごく面白いと思いました。


― ユーエンを演じるにあたり、意識したことはありますか?

このドラマは台湾でいうアイドルドラマ枠のドラマになるのですが、僕はいわゆるアイドルドラマに出演するのが初めてだったので、慣れないことも多かったです。

クランクインして一週間撮影をしたあと、シュー・ユーティンさんともうひとりのプロデューサーに呼ばれて、一週間撮影したシーンを一緒に見たんですね。彼女たちはとても親切に、映像を少し流しては止め、流しては止めて「見て!ここかっこよくないよ」「見て!ここはあごのラインが綺麗に出てないよ」「見て!これは笑いすぎ」とひとつひとつ指摘し始めたんです(笑)。


― それはすごいですね(笑)!

今までは自分の演技を一番重要視してましたが、アイドルドラマ枠では綺麗なシーンが求められるし、どうやって綺麗に見せるのかそして見えるのかを考えなければなりませんでした。これは今までにない経験でしたね。


― 役作りの部分はどうでしたか?

シュー・ユーティンさんと役作りの話をしたときに、彼女はすごく僕の演技を信頼してくれているとわかりました。僕がどういうふうに演じたいかとか、僕自身とユーエンの共通している部分、そしてもっと表現したい部分も直接色々と話をしました。


― 共通点はどういう部分だったんですか?

繊細でナイーブだということ(笑)。あとは、他人への思いやりの部分などですね。


― では違う部分は?

ユーエンは一見すると楽観的な部分や明るさを見せていますが、僕は完全に悲観的で暗い人です(笑)。


― ユーエンは幼いころに心に傷を持ち、苦しんでいる役柄でしたが、撮影以外の部分で役をひきずってしまうことはありましたか?

ありましたね。ユーエンはたくさんの悲しみを背負っていますし、同時にたくさんの悩みや憎しみも抱えています。しかもそれを抱えながらもずっと発散することができなかった。そういう部分がクランクアップしたあともまだ僕のなかに残ってましたね。なので、ドラマの撮影が終わったあと、気分転換に日本に旅行に来たんです。


― そうだったんですね。日本旅行で切り替えられました?

はい。大好きなラーメンをたくさん食べて、いい気分転換ができました(笑)。


<2へつづきます>

=========

「台北ラブ・ストーリー〜美しき過ち」DVD情報

DVD-BOX1~3 好評発売中 各9,500円+税

2012年|台湾|音声:オリジナル中国語・字幕:日本語|発売&販売元:エスピーオー © 2012 Taiwan Television Enterprise, Ltd. All Rights Reserved. 
公式サイト:http://www.cinemart.co.jp/taipei-lovestory/

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  4. 4【アジア俳優名鑑】ピーター・ホー(何潤東)
  5. 5驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  6. 6【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  8. 8「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  9. 9イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  10. 10【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  5. 5【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  6. 6【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  9. 9【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  10. 10驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事