2017年3月25日で創業30周年を迎えたエスピーオー。
古今東西の映画やドラマをリリースしてまいりました。

エスピーオー目線!なビデオ業界の歴史と併せて、どんな作品をリリースしてきたのか、それぞれの時期の代表作をご紹介します。懐かしい!と楽しんでもらえますように。


1987年~1989年:エスピーオー創立期   2017.12.4更新
1990年~1996年:SFのエスピーオー期  2017.12.8更新
1997年~2002年:K2エンタテインメントで映画配給事業を本格化期1  2017.12.11更新
        K2エンタテインメントで映画配給事業を本格化期2  2017.12.12更新
2003年~2009年:韓流・アジアブーム到来~アジアから日本へ~期1  2017.12.15更新
        韓流・アジアブーム到来~アジアから日本へ~期2  2017.12.18更新
        韓流・アジアブーム到来~アジアから日本へ~期3  2017.12.19更新
2010年~2011年:K‐POPブーム期  2017.12.22更新
2012年~現在  :ドラマ製作~日本からアジアへ、そして世界へ~期1  2017.12.25更新
         ドラマ製作~日本からアジアへ、そして世界へ~期2  2017.12.26更新


SPO30周年記念サイト:http://www.cinemart.co.jp/spo30th/

===========

2003年~2009年:韓流・アジアブーム到来~アジアから日本へ~期2


<エスピーオー目線!なビデオ業界史>

1998年に韓国大統領に就任した金大中は低迷した韓国経済を復興させるため、国策としてコンテンツ産業を推進。その後、映画『シュリ』が2000年に日本でヒットし、『JSA』『猟奇的な彼女』など娯楽性の高い韓国映画が日本でも続々と公開。韓国作品の人気が急上昇する中、NHKが2003年にBSで韓国ドラマ「冬のソナタ」を放送し、韓流ブームが到来。当初は人気スターが牽引した韓流ブームは、韓国時代劇のヒットなどジャンルの拡大および、台湾や中国のドラマなどのアジア作品全体への注目度も高めることとなり、エスピーオーはそれらを楽しめる機会を増やそうと、積極的に映像のビデオソフト化をしていくだけでなく、劇場運営や特集上映なども仕掛けていった!

※代表作は2017年現在までを含みます。

「宮~Love in Palace」
演出:ファン・インレ
脚本:イン・ウナ
出演:ユン・ウネ、チュ・ジフン、John-Hoon、ソン・ジヒョ

平凡な女子高生が突然皇太子妃になり、二人のイケメン王子から愛されてしまう胸キュン韓国ラブストーリー。韓国の同名人気漫画原作のドラマ化で、キュートな衣裳や小物、少女マンガ的展開が日本でも幅広い層の支持を得た。本作で主演のユン・ウネ、チュ・ジフン、John-Hoonがブレイクした。「宮」のヒット以後、少女マンガ原作のドラマ製作が盛況になっていった。

DVD発売:2008年
<シンプルBOX 5,000円シリーズ>DVD-BOX 発売中 \5,000+税 
発売元:CJ E&M Japan/エスピーオー 販売元:エスピーオー

「夏物語」
監督:チョン・グンシク
脚本:チョン・グンシク、キム・ウニ
出演:イ・ビョンホン、スエ、オ・ダルス、イ・セウン

100を超える出演オファーの中からイ・ビョンホンが選んだ感動のラブストーリー。物語は1960年代の軍事独裁政権下を舞台に、時代の悲劇によって別れなければならなかった生涯忘れられない愛を描く。この時期、イ・ビョンホンはNECの携帯電話やTOYOTAのRAV4などのCMにも出演、人気ドラマ『HERO』の映画版にも友情出演を果たすなど、日本での活動にも力を入れた。

配給:2006年

「大秦帝国」
監督:ホアン・ジェンチョン、ヤン・イー
出演:ホウ・ヨン、ワン・ジーフェイ、カオ・ユエンユエン、ソン・フェイフー

中国の歴史書「史記」をベースにした大河ドラマで、後に中国史上初の統一国家となる秦が、辺境の小国から巨大帝国となるまでを国政改革"商鞅の変法"を中心に描くスペクタクル時代劇大作。韓国歴史ドラマのヒットを受け、中国歴史ドラマ市場の開拓を目指してリリースされた。また、2部構成に再編集した映画版も公開、上映に合わせてトークショーも開催された。

DVD発売:2009年
DVD廃盤

「大王世宗[テワンセジョン]」
監督:キム・ソングン、キム・ウォンソク
脚本:ユン・ソンジュ、キム・テヒ
出演:キム・サンギョン、キム・ヨンチョル、パク・サンミン、チェ・ミョンギル

ハングルを創製したことで知られる、朝鮮王朝4代王・世宗(セジョン)の一代記を綴った傑作史劇ドラマ大作。世宗は聖君として尊敬を集め、1万ウォン紙幣の肖像画に使われるなど韓国で人気が高い歴史上の人物。その世宗を演じたキム・サンギョンは青年期から老年期までを演じ切り、2008年韓国グリメ賞(撮影監督の投票によって「印象的な演技を見せた俳優」に贈られる賞)の最優秀男優賞を受賞。ハマり役と評判になった。

DVD発売:2009年
DVD廃盤

「花より男子~Boys Over Flowers」
監督:チョン・ギサン、イ・ミヌ
原作:神尾葉子
脚本:ユン・ジリョン
出演:ク・ヘソン、イ・ミンホ、キム・ヒョンジュン、キム・ボム、キム・ジュン

台湾、日本に続き、神尾葉子原作の人気漫画をドラマ化し、韓国で大ヒットを記録したラブコメディ。劇中でF4ことイケメン男子4人組に扮したキム・ヒョンジュンら若手俳優が大人気になったが、なかでもク・ジュンピョ役(原作では道明寺司)のイ・ミンホが特に注目を集め、本作により一躍トップスターの仲間入りを果たした。韓国と同年に日本でも放送され、ヒロイン役のク・ヘソンとF4が2度の来日を果たして、放送記念イベントやファンミーティングが大盛況を博した。

DVD発売:2009年
<シンプルBOX 5,000円シリーズ>DVD-BOX1&2 発売中 各\5,000+税 
発売・販売元:エスピーオー

「三国志 Three Kingdoms」
監督:ガオ・シーシー
原作:羅貫中
脚本:チュウ・スージン
音楽:チャオ・チーピン
出演:チェン・ジェンビン、ルー・イー、ニー・ダーホン、ユー・ロングァン、ピーター・ホー

小説「三国志演義」をベースに新解釈を加え、曹操の董卓暗殺未遂から、司馬一族の晋朝誕生までの80年を全95話で描く超大型時代劇。総製作費は、製作当時の中国ドラマ史上最高額の25億円。主な登場人物だけで300人以上、また、エキストラには人民解放軍の現役兵士などを使い、その数は延べ15万人を超えた。DVD発売時には呂布役のピーター・ホーと貂蝉役のチェン・ハオが来日し、特別試写会で舞台挨拶を行った。

DVD発売:2010年
Blu-ray vol.1~9 発売中 各\5,200+税
発売元:エスピーオー/ワコー/フジテレビ 販売元:エスピーオー

「イタズラなKiss~Playful Kiss」
監督:ファン・インレ
原作:多田かおる
脚本:コ・ウンニム
出演:キム・ヒョンジュン、チョン・ソミン、イ・テソン、ホン・ユナ

日本や台湾でも映像化されてきた、多田かおる原作の人気ラブコメ漫画の韓国ドラマ版。放送終了後もファンからの関心は高く、YouTube特別版が公開されたほか、本編を再編集した劇場版も公開。主演のキム・ヒョンジュンはSS501のメンバーとして、また、韓国版「花より男子」の出演で、既に一定の人気を誇っていたが、本作が日本の地上波で放送されたことで、韓流スターとしての知名度を更に上げた。キム・ヒョンジュンとチョン・ソミンが来日して2011年8月に東京と大阪で開催したドラマのプレミアムイベントには応募が殺到し、計15,000人分のチケットが即日完売。東京公演の模様がソフト化された。

DVD発売:2011年
<シンプルBOX 5,000円シリーズ>DVD-BOX 発売中 \5,000+税 
発売元:エスピーオー/フジテレビ 販売元:エスピーオー


編集:シネマート編集部 / 制作協力:キネマ旬報社

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  4. 4【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  5. 5驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  6. 6【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  9. 9【アジア俳優名鑑】ピーター・ホー(何潤東)
  10. 10『The Witch/魔女』名古屋での上映が決定!
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  5. 5【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  6. 6【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  9. 9【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  10. 10【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事