数々のドラマ賞受賞、視聴者からの絶賛の声―
本作を見ることなくして韓国ドラマは語れない!「シグナル」がMnetで6月9日より放送スタート!

現在の刑事と過去の刑事が1台の無線機を通じ、協力して未解決事件を追う......。これまで「応答せよ」シリーズや「ミセン-未生-」といった大ヒット作を放送し、新たなドラマ王国と称されるテレビ局tvNが満を持して送り出したヒューマンドラマの傑作。「ファントム」のキム・ウニの超絶技巧の脚本と、「ミセン-未生-」のキム・ウォンソク監督による深い人間洞察とクォリティの高い映像、イ・ジェフン、チョ・ジヌン、キム・ヘスという実力派俳優たちの目をみはるような演技。これらすべてが揃った見事な出来映えが大きな話題となった。権威ある「第52回百想芸術大賞」をはじめ各賞を次々に受賞。ファンタジー要素を取り入れつつも、リアルな人間描写と緻密な構成が未だかつてない感動と興奮を呼ぶ。


「シグナル」
2017年6月9日(金)スタート!
毎週金・土 23:30~0:45  【※#1のみ~1:00】

※放送予定は変更の可能性がございます。
詳細はMnet公式サイトを御確認ください。
⇒Mnet公式サイト 

★「シグナル」作品公式サイト


<あらすじ>
警察のプロファイラーのパク・ヘヨンはある日、廃棄処分寸前の壊れた無線機から聞こえてくる声を耳にする。声の主は15年前の未解決事件を追うイ・ジェハン刑事だった。
時効まであと数日となったその未解決事件の有力な手がかりを、無線を通じてジェハンから教えられたヘヨンは、かつてジェハンの後輩だったチャ・スヒョン刑事と共に事件を解決。その後も、ヘヨンは半信半疑のままジェハンとの交信を続けるうち、彼が過去の人間だと知る。 一方、スヒョンは15年前に失踪したジェハンの行方を捜し続けていた。


©2016 Studio Dragon & ASTORY

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「花と将軍」がプラスエネルギーを伝達する。マー・スーチュンが誕生日にマー・スーチュン...
  2. 2【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  3. 3ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  4. 42018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  5. 5「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  6. 6【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  7. 7驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  9. 9【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  10. 10【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  4. 4【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  5. 5驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  6. 6【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 82018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  9. 9「花と将軍」がプラスエネルギーを伝達する。マー・スーチュンが誕生日にマー・スーチュン...
  10. 10【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事