普段私たちが見ている韓国ドラマ。韓国で制作されたドラマがどういう道のりを経て、日本でテレビ放送されたりDVDになったりするかご存知ですか?
この連載は、韓国ドラマを日本のお茶の間に届ける過程に携わる人たちにインタビューをしていく【韓流お仕事図鑑】です。

連載第3回目は、海外の映像作品には欠かせない<日本語吹き替え>。意外と知られていない、<日本語吹き替え>にまつわるお仕事についてお話をお伺いしました。韓国ドラマの吹き替えあるあるや、時代劇と現代劇の演じ方の違い、最新作「師任堂(サイムダン)、色の日記」吹替版の見どころなど、思わず吹替版が見たくなるエピソードが満載です!

<プロフィール>
市来満さん(吹き替え演出家)
1969年、東京都出身。主な演出作品は「宮~Love in Palace」「花より男子〜Boys Over Flowers」<TV>「バトル・オーシャン 海上決戦」「暗殺」<映画>最新作は今夏公開「新感染 ファイナル・エクスプレス」

石狩勇気さん(声優)
1981年、大阪府出身。主な出演作は「朝鮮ガンマン」金丸役、「アイドゥ・アイドゥ」チュンベク役。「師任堂、色の日記」ではイ・ギョムの甥であるイ・フの吹替を担当。リマックス所属。

第1回 「キャリアに韓流ドラマがいっぱい」 :2017.3.21更新
第2回 「オーバーな演技が合う言語」 :2017.3.22更新
第3回 「『師任堂』のガヤ」 :2017.3.23更新
第4回 「日本人が聞いていて気持ち良い声」 :2017.3.24更新


**********

― まず始めに、おふたりがどのようなお仕事をされているのか簡単に教えていただけますか?

市来満監督(以下、市来):
日本語吹き替えの演出家は、キャスティングから始まり、収録現場で役者陣に演技をつけ、ダビング作業など最後の完成までが主な仕事だと思います。ただ、制作も兼任していることが多いので、スタジオや翻訳者を選定したり、収録当日の現場進行などもすることがあります。

石狩勇気さん(以下、石狩):
僕は声優なので、外国の俳優さんの演技に対して、日本語を吹き替えする、という仕事をしています。まずは台本と映像のDVDをいただき、家でそれをよく読み映像をよく見て、役を作り、現場で吹き替えする、という仕事の流れです。

― どういった経緯で韓国ドラマのお仕事をされるようになったのでしょうか?

市来:
クライアントさんからオファーをいただいた作品の演出を担当するという場合が多いです。ただ、僕自身がアジア作品好きというのもあり、よくお声をかけていただけるっていうのがありまして。韓国作品に関しては、韓流ブームの頃から担当させていただいていますね。

― 韓流ブームの頃から、ということは10年以上も韓国作品の演出を担当されているんですね。

市来:
そう思います。最初は韓国映画から始まりまして、その後もずっと担当させてもらっているという状況です。
僕の演出作品は、今や韓国作品が一番多いかもしれません。


「宮~Love in Palace」をはじめ、市来さんは本当に多くの韓国作品の日本語吹替えを演出している。

― 石狩さんはいかがでしょうか?

石狩:
最初はゲームとナレーションの仕事が多く。吹き替えの仕事はたまにでした。

吹き替えの声優って、ガタイが良く、声が低い人が多いんです。
僕はそんなに声が低い方ではないので、あまり吹き替えに巡り合えなかったところ、出会ったのが、市来さんが演出を担当された台湾ドラマ「絶対彼氏」でした。

この作品に登場する"ガク・ナミキリ"というキャラクターが関西弁という設定で。
僕は出身が大阪なので、オーディションにお声がけいただいたんです。結局ガク・ナミキリの役は落ちてしまったのですが、スカイっていうおネエの役をいただきました。

この作品がきっかけで、市来さんやエスピーオーさんとのご縁が生まれて、韓国作品にもどんどん呼ばれるようになりました。
僕も、もう今や事務所の芸歴の吹き替え欄には韓国作品がずらっと...(笑)。


台湾ドラマ「絶対彼氏~My Perfect Darling~」で石狩さんが演じたスカイ。石狩さんも数多くの韓国作品で吹き替えを担当している。

― お二人とも、韓国ドラマの吹き替えで本当によくお名前をお見かけします(笑)。
では、石狩さんが初めて吹き替えされた韓国ドラマは何でしたか?

石狩:
「アイドゥ・アイドゥ」です。主人公が悩むといつも行く居酒屋の店主イ・チュンベクという役です。
ちょっとデブの役だったんで、初回ちょっとデブ感出してやったんですけど、「いらない」って言われてしまい...(笑)。素の石狩になりました。

「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」のイ・チュンベク(右)

― お二人とも様々な作品で吹き替えにかかわっていらっしゃいますが、お仕事をされていて嬉しかったことはなんですか?

市来:
自分がキャスティングした俳優が、その役に"ハマったな"と感じたときです。しかも、その俳優さんの持ち役(=1人の吹き替え俳優が、別作品でも同じ俳優の声を担当し続けること)になると、やはり充実感を味わいますね。

たとえば、イ・ジュンギさんの吹き替えは、石田彰さんがずっと担当されていますが、彼を一番最初にキャスティングしたのは僕なんです。「王の男」という作品でした。

それから、僕が演出を担当していない作品でも、イ・ジュンギさんの声はほぼ石田彰さんが演じられるようになりました。

― まさに、イ・ジュンギさんの日本語の声と言えばこの人っていうイメージを作られたんですね!

市来:
はい。石田さんのように完全な持ち役になってくれると、嬉しいですね。

「朝鮮ガンマン」でも、イ・ジュンギさんの声を石田彰さんが演じている。

― 石狩さんはいかがですか?

石狩:
嬉しいというか・・・楽しいこと、でいうと僕は毎回楽しいです。

その瞬間その瞬間、違う人になるっていうのも楽しいですし、それが世に出て、DVDになり。

あと、テレビ放送されると嬉しいですね。両親が奈良に住んでいるんですが、僕が吹き替えを担当した作品がテレビ放送されると、こっそり見てくれているようで(笑)。
両親だけでなく、僕が吹き替えをやっていることで、今まで吹き替えを見なかった友人が吹き替え版も楽しむようになったりとか。

― 確かにテレビだとより広く見てもらえるし、韓国ドラマに興味がない人でも見るきっかけになるんですよね。

石狩:
あと、僕はTwitterをやっているので、Twitterで感想を書いてくれている人を見つけたり。僕宛てにリプライをくれたりする方もたまにいて。

そういうのを見ると嬉しいですね。

― では次に、おふたりのお仕事での"こだわり"を教えていただければと思います。

市来:
演出はこだわりを持っていないとできないので、実はこだわりを人に言うのは控えているんですが...(笑)。

モットーというか、一番意識しているのは「作ることが目的ではなく、見てもらうことが目的」ということです。
作品は自分だけのものではないし、たくさんの視聴者にどう受け入れてもらえるか、ということを意識しています。視聴者の反応を見据えて、より客観的に見る、ということですね。


― 石狩さんはいかがでしょうか?

石狩:
俳優って、体を動かし、表情を作り、相手役と触れ合ったりすると思うんですけど、声優ってそういったことが無いじゃないですか。部屋でマイクの前に立って喋っている、というイメージを持たれている方も多いと思います。

でも、良い芝居をする方を見ると、体が動いているんです。それって、心が動いているから体も動いているんですよね。

もちろん、きれいに録音する為に、ノイズも起こさないし、顔はマイクの前から外れないんですが。その役としてそこにいる、役として笑って、役として泣いて、怒って。ただ喋っているだけじゃないって感じるんです。

僕は、吹き替えの現場に出て、そのことをすごく体感しました。録音の為の最低限のことは守りますが、それ以外の部分では"役としてその場に存在する"という気持ちでやっています。

― 私も今回初めて吹き替えの現場を拝見させていただいたのですが、声優の方々が動かれていることに驚きました。
まさに直立不動で演技されているイメージを持っていたので、体の演技もあるんだ、と。

石狩:
動いても、動かなくても、どちらでも良いと思うんです。でも、動いた方が演じやすいし、僕は性に合っていて。
例えば、殴られる場面でも、殴られるのが顔とお腹では、同じ「うっ...」という台詞でも違うんです。お腹なら、お腹をちょっとへこましたりすることで、リアルに近い音になるんです。


<第2回につづきます>

**********
●予告編



★日本語吹替え版も収録!★
「師任堂(サイムダン)、色の日記」ブルーレイ/DVD

●ブルーレイ/DVD情報

「師任堂(サイムダン)、色の日記」<完全版>ブルーレイ&DVD
BOX1:4月28日(金)
BOX2:5月26日(金)
BOX1:6月23日(金)
(BD:21,000円+税/DVD:18,000円+税)

発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー
セル販売元:エスピーオー

<完全版>レンタルDVD
5月2日(火)より順次レンタル開始
※スペシャル・エディション版
レンタル発売・販売元:カルチュア・パブリッシャーズ


「宮~Love in Palace」:©2009 GD Corp inc.
「絶対彼氏~My Perfect Darling~」:
原作著作:渡瀬悠宇『絶対彼氏。』 制作協力:株式会社小学館 ©2003 Yuu WATASE/Shogakukan Inc.©2012 GALA Television Corporation/ Comic International Productions Co.,Ltd.
「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」:©MBC 2012
「朝鮮ガンマン」Licensed by KBS Media Ltd. ⓒ 2014 KBS. All rights reserved

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  2. 2【韓国エンタメ】ホン姉妹最新作!「幸せのレシピ~愛言?はメンドロントット」2016年...
  3. 3【中国エンタメ】チャオ・リーイン(趙麗穎)&チャン・ハン(張翰)新作映画『女漢子真愛...
  4. 4中国で230億PV突破!「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」日本版...
  5. 5【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  6. 6中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  7. 7【ネタバレ注意!】 ジェリー・イェン主演「最高の元カレ」勝手に盛り上げ隊! 第37話...
  8. 8 【中国エンタメ】日本初放送!アジアNo.1美女アンジェラベイビー主演!「雲中歌~愛...
  9. 9ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  10. 10中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  1. 1「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  2. 2【韓国エンタメ】ホン姉妹最新作!「幸せのレシピ~愛言?はメンドロントット」2016年...
  3. 3【中国エンタメ】チャオ・リーイン(趙麗穎)&チャン・ハン(張翰)新作映画『女漢子真愛...
  4. 4中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  5. 5中国で230億PV突破!「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」日本版...
  6. 6【ネタバレ注意!】 ジェリー・イェン主演「最高の元カレ」勝手に盛り上げ隊! 第37話...
  7. 7ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  8. 8【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  9. 9 【中国エンタメ】日本初放送!アジアNo.1美女アンジェラベイビー主演!「雲中歌~愛...
  10. 10【TV】「師任堂(サイムダン)、色の日記」がBSフジで放送決定!
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000
  • banner_cinemartshop

最近の記事