デメキン

12月2日(土)よりロードショー

  • 一覧へ戻る

作品の内容

人気お笑い芸人・バッドボーイズ佐田正樹の不良時代を描いた実録自伝小説・コミックスがついに映画化!幼少期から”デメキン”と呼ばれいじめられた男が、ある日覚悟を決めて拳を握った。「強くならなきゃ・・・」。いつしか喧嘩無敗と数々の伝説を作り出し、男は福岡最大勢力の暴走族の総長へと登り詰めた。主演の佐田正樹を演じるのは、「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(TBS)、日曜劇場「仰げば尊し」(TBS)などで魅せた演技が高い評価を受けたネクストブレイク必至の逸材・健太郎。競演は、「HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY」鬼邪高番長・村山がハマり役となるなど、話題の山田裕貴。怒涛の快進撃を続ける2人が友情の熱さを痛々しいほど鮮烈に演じた。実話に基づく描写と、アクションの融合、そして最後に涙が零れ落ちる感動の物語。王道でありながら、これまでのヤンキー映画とはひと味もふた味も違うストーリーが誕生した。

幼少期からデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田正樹(健太郎)は、ある日、”強くならなきゃ”と覚悟を決めて拳を握った。そしてかつてのいじめっ子集団を返り討ちにするほど腕っぷしが強くなり、喧嘩では敵なしの存在となっていた。赤髪リーゼントがトレードマークの正樹。小学校からの親友・厚成(山田裕貴)と喧嘩やバイクに明け暮れる日々を過ごす。中学卒業後、正樹は高校へ進学し、厚成はラーメン屋で働き始める。環境は変われど人は変わらず、年上の不良に目をつけられてはひたすら喧嘩ざんまいの日々を過ごしていた。ある日、バイク事故で死んだ憧れの暴走族の総長・真木(栁俊太郎)のことを思い返していた厚成は正樹に福岡一のチームを作ろうと持ちかける。二人はチーム「亜鳳」を結成するが、次々と血気盛んな敵が待ち受けていて…。

キャスト・スタッフ

監督
山口義高
脚本
足立紳
出演
健太郎、山田裕貴、栁俊太郎

製作年 2017年/ 製作国 日本/ 配給 AMGエンタテインメント/ 上映時間 116分

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time6}
{time2}
{time7}
{time3}
{time8}
{time4}
{time9}
{time5}
{time10}
-- SCREEN {screen}

{note} {note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る