マッドストーン

9月26日(土)より怒りの1週間限定ロードショー!!

  • 一覧へ戻る

作品の内容

カワサキが、ノートンが、BMWが怒る!いま始まる復讐の大暴走!
暴走族"墓掘り人"グループを襲う理由なき殺人!仲間が一人また一人消えていく!
うなるマシーン!『マッドマックス』の原型となったオーストラリア映画、裏街道の記念碑!
アメリカ産バイカー映画も真っ青の暴走族のリアルな生態と衝撃の大野蛮!
日本ではマックス便乗公開も、実はこれが原点!

イモータン・ジョーはトーカッターであり、最初は"ガマ蛙"だった!ヒュー・キース=バーン映画デビュー作!




●あらすじ
公園で公害反対の演説をしていた政治家が何者かに狙撃されて即死する。
現場近くで麻薬でフラフラだった"ガマ蛙"は暴走族“墓掘り軍団”のひとりだ。暗殺犯は彼に犯行を見られたと思い“墓掘り軍団”のメンバーを次々と殺し始める。
その流れで殺された"倉庫屋"の葬式にはバイク軍団が大挙して隊列を組み大暴走、葬儀では"死神"による感動的なスピーチが披露された。
これらの連続殺人に、警察は若手刑事ストーンを“墓掘り軍団”に送り込み、グループのリーダーである"葬式屋"の命を救った見返りにグループ入りを許された。
ストーンは、一見堕落にみえながら社会の虚像を憎み、本音で生きる”墓掘り軍団”たちに親しみを覚えていく。
一方、プロの殺し屋である暗殺犯は対立する暴走族"黒鷹軍団”の名をかたり、彼らをおびき寄せた。ストーンがその現場に駆けつけた時には既に2人が殺されてしまっていた。
殺し屋を操る黒幕は一体誰なのか。
そして“墓掘り軍団”とストーンは消されてしまうのか?

キャスト・スタッフ

監督・製作
サンディ・ハーバット
製作総指揮
デヴィッド・ハネイ『スカイ・ハイ』
キャスト
●ストーン(ストーン)・・・・・ケン・ショーター
●アンダーテイカー(葬式屋)・・サンディ・ハーバット
●トード(ガマ蛙)・・・・・・・ヒュー・キース=バーン『マッドマックス』『チェーン・リアクション』『マッドマックス怒りのデス・ロード』
●アマンダ(アマンダ)・・・・・ヘレン・モース『ピクニックatハンギング・ロック』
●ドクター・デス(死神)・・・・ヴィンセント・ギル『マッドマックス』
●フックス(スケこまし)・・・・ロジャー・ウォード『マッドマックス』
  • btn_advance.gif

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time6}
{time2}
{time7}
{time3}
{time8}
{time4}
{time9}
{time5}
{time10}
-- SCREEN {screen}

{note} {note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る