Cinem@rt アジアをもっと好きになる

ハン・ドン(韓棟)ってどんな俳優? プロフィール・出演作|アジア俳優名鑑 #12

「私と皇帝の秘密」ハン・ドン(韓棟)「私と皇帝の秘密~櫃中美人~」©天津唐人影視股份有限公司 ©Chinese Entertainment Tianjin Ltd.

アジア俳優名鑑「ハン・ドン(韓棟)」目次
プロフィール
おすすめ作品
関連記事
エスピーオーがお届けしている出演作品



ハン・ドン(韓棟)プロフィール

誕生日:1980年11月11日
出身地:中国 浙江省杭州市
身長:180cm
血液型:A型
出身校:中南大学土木工程専攻
weibohttps://weibo.com/n/%E9%9F%A9%E6%A0%8B

社会人になってからは国有企業に就職する。休暇で帰省した際に、友人の付き添いで某芸術学校でのオーディションに行き、新聞などでそうしたオーディション関連の情報などを目にするうちに、自分もオーディションへの申し込みを意識するように。その後、龍小剛監督に見出され、北京にて芸能活動を開始。

龍監督の2005年ドラマ「非常24小時」にて役者デビューを果たす。06年「封神演義」に二郎神役で出演、11年の「水滸伝」では史進役で出演し、圧巻の龍の入れ墨姿を披露している。

近年、日本での出演作の放送は非常に多く、11年の「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」 や12年の「宮廷の泪・山河の恋」、そして13年の「月下の恋歌 笑傲江湖」「蘭陵王、14年の風中の縁(えにし)など多数。「風中の縁(えにし)」では第二回横店影視文栄奨にて助演男優賞を受賞し、国内でもその実力は高く評価されている。

「月下の恋歌」ハン・ドン(韓棟)「月下の恋歌 笑傲江湖」Cathay Media Group, All Rights Reserved.

「風中の縁」ハン・ドン(韓棟)「風中の縁(えにし)」©天津唐人影視有限公司(Chinese Entertainment Tianjin Ltd.)

2018年には皇帝と私の秘密~櫃中美人~ではヴィック・チョウ(周渝民)と共演、兄弟と呼べるほどの友情関係が愛ゆえに敵対していく展開が話題を呼んだ。2020年のチョン・イー(成毅)主演作長安 賢后伝ではヒロインの夫となる皇帝を熱演。 チョン・イーとは「与君歌~乱世に舞う運命の姉妹~」でも共演し、素晴らしいケミストリーを見せている。2023年にはソン・イー(宋軼)との共演作「蜂巢(原題)」や、シャオ・ジャン(肖戦)主演のファンタジー時代劇「玉骨遥」に出演している。

辮髪に坊主、垂髪からビジネスマン風ショートヘアなど、どんなスタイルもばっちりキメるバツグンのルックスと、主演から脇役までこなせる幅広い演技力で、中国ドラマにおいて欠かせない存在となっている。

「私と皇帝の秘密~櫃中美人~」場面写真
「私と皇帝の秘密~櫃中美人~」©天津唐人影視股份有限公司 ©Chinese Entertainment Tianjin Ltd.

「長安 賢后伝」ハン・ドン(韓棟)
「長安 賢后伝」© 2019 Dongyang Yueshi Media Co.,Ltd and Mediaquiz International Holdings Limited.


ハン・ドン出演のおすすめ作品

「風中の縁」
許されない恋心を抱くキャラは、もはやハン・ドン様のお約束!?この作品で中国では助演男優賞を獲得している。

「月下の恋歌 笑傲江湖」
腕はたつけど無類の女好きというチャラい役にも対応!意外に女癖悪いキャラに扮する機会も多いかも...?

ハン・ドン関連記事

「長安 賢后伝」ハン・ドン インタビュー 
「長安 賢后伝」ハン・ドンのコメント映像公開! 
「皇帝と私の秘密」ヴィック・チョウ、ハン・ドンが愛し合いながら殺し合う 
ハン・ドン記事一覧 

【アジア俳優名鑑 バックナンバー】

エスピーオーがお届けしているハン・ドン出演作品
Amazon Prime Videoチャンネル「エンタメ・アジア」にて見放題配信中!
アジアドラマ(中国、台湾、韓国、タイほか)の名作が見放題で月額600円(税込660円)初回14日間無料

「長安 賢后伝」https://amzn.to/3jCMbu4
「皇帝と私の秘密~櫃中美人~」https://amzn.to/40SZA1l
「風中の縁」https://amzn.to/46nEmLK
「蘭陵王」https://amzn.to/3HvfUyw

<シンプルBOX 5,000円シリーズ>DVD-BOXも発売中!
https://www.cinemart.co.jp/simple/

Text:島田亜希子
ライター。中華圏を中心としたドラマ・映画に関して執筆する他、中文翻訳も時々担当。Cinem@rtにて「中国時代劇トリビア」「中国エンタメニュース」を連載中。『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』(キネマ旬報社)『見るべき中国時代劇ドラマ』(ぴあ株式会社)『中国ドラマ・時代劇・スターがよくわかる』(コスミック出版)などにも執筆しています。

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP