エピソード

幸せな結婚を夢見るヘユンは、平凡だが優しい恋人のジョンフンからロマンチックなプロポーズを受ける。同じ頃ヘユンの親友のドンビは、ジョンフンの従兄弟で5年間つきあったギジュンに結婚をもちかけるが、あっさり断られる。自慢の娘を金持ちと結婚させたいドゥルジャは、勝手に結婚を決めたヘユンを怒鳴りつけるが…。
ジョンフンの身元を調べ、父が医者で資産もあると知ったドゥルジャは、とたんにヘユンとの結婚を許す。そんなドゥルジャに気に入られようと必死のジョンフン。一方、オールドミスのドゥルレは、ギジュンのバイク仲間でバツ2のミノが気になっていく。ギジュンに失恋したばかりのドンビは編集部までクビになってしまう。
ドヒョンの愛人のユリから「別れて」と言われ怒り心頭のヘジン。高級ホテルで両家の顔合わが行われたが、ウンギョンはジョンフンを下に見て、自分の娘の自慢ばかりする常識のないドゥルジャに侮辱された気分に。そんな母親の悔し涙を見たジョンフンは悩んだ末に「君は僕にはもったいない。別れよう」とヘユンに告げる。
ヘジンの離婚話を知ってわめき散らすドゥルジャ。一方、仲直りしたヘユンとジョンフンは、再び結婚に向かって歩き出す。服をプレセントしたお返しにウンギョンから高価なブレスレットを買ってもらい喜ぶヘユン。だが、ウンギョンが結婚式の会場をホテルでなく通っている教会にする、と言い出したため、またもや騒動に。
度重なるユリの挑発についにぶち切れたヘジンは、留守中にユリのマンションに乗り込み、バットで部屋をめちゃくちゃにする。ウェディング雑誌を創刊することになったドンビは、ギジュンの婚約者の傲慢なお嬢様チェヨンと仕事先で出会う。ドゥルジャとウンギョンは食事をしながら結婚式にかかる費用について話しあうが・・・。
結婚は決まったがお金の問題に振り回される恋人たち。ジョンフンはドゥルジャから「新居用に親から高級マンションをもらえ」と指図され、ヘユンはウンギョンから高価な結納品のリストを受け取る。職場での借金がバレてドゥルジャと大喧嘩になったヘユンは「常識を知らないママをもって恥ずかしい!」と言ってしまう。
ヘユンのドレスの試着中、やってきたチェヨンに婚約式の撮影を依頼されるが断るドンビ。チェヨンは将来親戚になる予定のヘユンにも「無礼を謝れ」と圧力をかけてくる。一方、ドゥルジャはヘジンが離婚相談している弁護士事務所に乗り込み、あれこれ口を出す。そしてヘユンは元カレのサンジン先輩から言い寄られる。
最近、ヘユンとの仲がうまくいかないジョンフンは、酔っ払って父親に「結婚する自信がない」と弱音を吐く。ドゥルジャはヘジンの離婚訴訟を弁護士のサンジンに任せることにする。そのサンジンとヘユンの仲を疑っていたジョンフンはヘユンの言葉を信じて仲直りするが、今度は両親が結納品を巡って喧嘩を始める。
行方不明のドンビを心配したヘユンはサンジンに相談。ジョンフンは2人が内緒で会っていることに勘づいてしまう。ウンギョンは金持ちの姉から「息子の結婚で家の格を下げるな」と嫌味を言われ軽い口論に。ヘジンはドヒョンの前妻を呼び出し、自分たちの離婚を伝える。そしてギジュンとチェヨンの婚約式が開かれるが・・・。
結婚式の準備を巡るドゥルジャの干渉に耐えられなくなったジョンフンは「僕らに任せてください」と口答えしてしまう。「ママを見下したら許さない!」と怒るヘユン。弟の葬儀を終えて帰ってきたドンビはジョンフンに癒しを求める。新居の内装費用を巡り、再び腹をさぐりあう両家の母親。ついにヘユンはある決断を下す。