好評につき3/10(土),11(日)追加上映が決定!ラストチャンスです!

【スケジュール】

2月25日(土)~
 2月26日(日)
2月27日(月) 2月28日(火) 2月29日(水)~
 3月2日(金)
3月3日(土)~
 3月4日(日)
3月5日(月)~
 3月9日(金)
3月10日(土)~
 3月11日(日)
16:40 16:40   16:40 16:40   17:50
18:40       18:40    
  19:00 19:00 19:00   19:00  

※3月10日(土)~3月11日(日)のみ、各回ごとの先着『タクティカル・ユニット 機動部隊-絆-』オリジナルミニポスタープレゼントは、20名様となります。
  あらかじめご了承ください。

■INTRODUCTION

製作総指揮ジョニー・トー、サイモン・ヤム主演 豪華スタッフで贈る本格機動部隊アクション劇!

主演は『エレクション』『エグザイル/絆』ほか、多数の作品で知られる香港きっての実力派俳優であり、トー監督の盟友サイモン・ヤム。共演は『ザ・ミッション/非情の掟』『エグザイル/絆』『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』のラム・シュー、『PTU』『エレクション』のマギー・シューなど、トー監督作品の常連俳優が集結している。
監督は、“ジョニー・トー組”の主要メンバーであるロー・ウィンチョン(『デッドエンド 暗戦リターンズ』『私の胸の思い出』)。脚本は『PTU』のヤウ・ナイホイとオー・キンイー、撮影は『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』のチェン・チョウキン、音楽は『PTU』のチュン・チーウィンなど豪華スタッフ・キャストが揃った!

■STORY

香港警察の特殊機動部隊(Police Tactical Unit:PTU)の小隊長サム(サイモン・ヤム)は、女性にして小隊長を務めるメイ(マギー・シュー)と折り合いが悪い。
それぞれが率いる2つのチームが一人の犯人を追跡し、我先に手錠を掛けようと争うようなこともしばしばだ。ある日、現金輸送車の襲撃事件が発生、犯人グループは現金を奪って山中へ逃走した。PTUの2つのチームの任務は掃討作戦。
やがて犯人を追うPTUの前に犯人グループが現れ、激しい銃撃戦が始まる…。


2009年/香港/広東語・日本語字幕/上映時間91分 ※HD-CAM上映
配給:株式会社アクセスエー 協力:株式会社エスピーオー
ⓒ 2009 UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED. All rights reserved.

■CAST

サイモン・ヤム、マギー・シュー、ラム・シュー、ウォン・チーイン、サミュエル・パン、ヴィンセント・ツェ


■STAFF

プロデュース:ジョニー・トー
監督:ロー・ウィンチョン
脚本:ヤウ・ナイホイ オー・キンイー
撮影:チェン・シウキョン
音楽:チュン・チーウィン

■CAST詳細

サイモン・ヤム(サム)
1955年3月19日生まれ、香港出身。セールスマン、モデルなどの職業を経た後テレビ局TVBの俳優養成所に入所し、テレビドラマに多数出演後、79年に『家宝(原題)』で映画デビュー。ジャッキー・チェン監督・主演『プロジェクトA2 史上最大の標的』(87)、ジョン・ウ―監督『ワイルド・ブリット』(90)、リンゴ・ラム監督『フル・コンタクト』(92)など多数の映画に出演後、アンドリュー・ラウ監督の『欲望の街 古惑仔』シリーズ(95~96)にレギュラー出演し、存在感を示す。トー組の一員として欠かせない常連俳優であり、『ザ・ミッション/非情の掟』(99)、『フルタイム・キラー』(01)、『PTU』(03)、『ブレイキング・ニュース』(04)、『エレクション』(05)、『エグザイル/絆』(06)、『スリ』(07・未)などほとんどのトー監督、製作作品に出演。またハリウッド映画『トゥームレイダー2』(03/ヤン・デ・ボン監督)にも出演。善玉、悪玉、主演、助演の隔てなく、幅広い演技をこなす実力派俳優の一人である。




マギー・シュー(メイ)
1965年2月27日生まれ、香港出身。前職は看護師。19歳の時、TVBの俳優養成コース修了後、TVBと契約。初出演はアンディ・ラウ主演のドラマ「皇上保重」(85)。その後、「義不容情」(89)が高視聴率でその存在が注目される。さらに「我本善良」(90)がTVB歴代3位の視聴率を記録し、一気にTVBの看板女優となる。2002年から本格的に映画に進出。ジョニー・トー監督の『PTU』(03)、『ブレイキング・ニュース』(04)、『エレクション』(05)、『天使の眼、野獣の街』(07)、『僕は君のために蝶になる』(08)、『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』(09)などに出演。『PTU』で第9回香港電影金紫荊獎の最優秀助演女優賞を受賞。




ラム・シュー(トン)
1964年7月8日生まれ、中国天津生まれ。15歳のとき両親と共に香港へ移住する。1986年映画界に雑用係で入り、次第に俳優に憧れるようになる。現場で、知り合いだったジョニー・トー監督に出演を頼み込むが、当初は断られていた。しかし彼の熱心さに監督が折れ、エキストラを務めながら、編集、監督業を独学で学ぶ。本格的な映画デビューは92年「力王」の囚人役。99年ジョニー・トー監督の『ザ・ミッション/非情の掟』で台湾アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。主な出演作に、『PTU』(03)、『カンフーハッスル』『ブレイキング・ニュース』(04)、『エレクション』(05)、『私の胸の思い出』(06)、『MAD探偵 7人の容疑者』(07)、『新宿インシデント』(09)、『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』(09)などがある。



■STAFF詳細
ジョニー・トー(製作総指揮)
1955年4月22日生まれ、香港出身。72年にラジオ局に入り、74年にテレビ局TVBに入局。映画監督デビューは『碧水寒山奪命金(原題)』(80・未)。マギー・チャン主演の『ハッピー・ゴースト 再キック歌姫転生の巻』(86)、『チョウ・ユンファの僕たちは天使じゃない』(88)、『過ぎゆく時の中で』(89)などのヒット作を手掛ける一方で、『アンディ・ラウの逃避行』(90/ベニー・チャン監督)など、制作も積極的に手掛け始める。 96年に制作会社「銀河映像/Milky way Image」を、ワイ・カーファイとともに設立。独自の作風を前面に打ち出すようになり、レオン・ライ、そして盟友ラウ・チンワンを主演に迎えた『ヒーロー・ネバー・ダイ』(98)、アンディ・ラウ、ラウ・チンワン主演『暗戦/デッドエンド』(99)といった傑作を続々と輩出するようになる。一方で、大スターを起用せずに、男の静かな友情を描いた金字塔ともいうべき傑作『ザ・ミッション/非情の掟』(99)を発表し、香港アカデミー賞・監督賞を受賞。同時にプロデューサーとしてもトニー・レオン、ラウ・チンワン、サイモン・ヤム主演『デッドポイント/黒社会捜査線』(98/パトリック・ヤウ監督)などの傑作を生みだした。21世紀にはいると、アンディ・ラウ&サミー・チェンの黄金コンビを主演に迎え大ヒットを記録した『Needing You』『ダイエット・ラブ』(01)、『イエスタデイ、ワンスモア』(04)など、ラブ・コメディの分野も数多く製作、監督を行う。また、真骨頂である香港ノワールやアクション映画も精力的に作り続け、『デッドエンド/暗戦リターンズ』(01)、『PTU』(03)、『ブレイキング・ニュース』(04)などを発表。『マッスルモンク』(03)、『柔道龍虎房』(04)、『MAD探偵 7人の容疑者』(07)など異色の作品も手掛け、ジャンルを問わず活躍する。満を持して発表された『エレクション』(05)の完成度の高さからカンヌ映画祭パルムドール候補に選ばれ、ジョン・ウ―監督に続く香港、アジアを代表する巨匠として世界的に評価され、直後に公開された『エグザイル/絆』(06)の日本を始めとする世界的大成功、ハリウッドでのリメイク決定などを受けその名声と人気を不動の物にした。最も国際的にも注目されているアジア人作家の1人として2008年のヴェネチア映画祭では審査員を務め、2009年5月にはフランスから芸術文化勲章を授与された。日本でも、2010年にはフランスとの合作映画『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』、2011年には『MAD探偵~』、プロデュース作品の『アクシデント』と、コンスタントに公開されおり、最もファンの多い監督といえる。

ロー・ウィンチョン(監督/編集)
89年、TVBでジョニー・トーの演出補としてスタート。97年、トー監督が前年に設立した会社「銀河映像/Milky way Image」に転じ、執行導演(撮影現場で実際の細々した演出を行う実質的には監督と変わらない役割)、編集など右腕として活躍する。編集では『Needing You』(01)でアジア太平洋映画祭・最優秀編集賞受賞。『デッドエンド 暗戦リターンズ』(01・未)で台湾アカデミー賞・最優秀編集賞受賞。単独でメガホンをとった『私の胸の思い出』(06)で香港アカデミー賞・新人監督賞にノミネートされた。また、最近では、ジョニー・トープロデュースで制作、フィルムを使用したTV用映画『機動部隊』5本シリーズのうち、本作と『機動部隊/警例』(08)を監督している。

ヤウ・ナイホイ(脚本)
1968年4月14日生まれ、香港出身。ジョニー・トー監督の脚本家として数々の名作を送りだす。映画の脚本家デビューはアーロン・クォック、ティ・ロン、マギー・チャン主演の『裸足のクンフーファイター』(93)。その後、『PTU』(03)、『柔道龍虎房』(04)、『エレクション』(05)で3年連続台湾アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞。また、『マッスルモンク』(03)と『エレクション』で香港アカデミー賞・最優秀脚本賞の栄冠に輝いた。ジョニー・トープロデュースで監督デビューした2007年作品が『天使の眼、野獣の街』で、香港アカデミー賞・最優秀新人監督賞を受賞している。

オー・キンイー(脚本)
現代香港を代表する脚本家。主な代表作に、『マッスルモンク』『PTU』(03)、『柔道龍虎房』(04)、『天使の眼、野獣の街』『MAD探偵 7人の容疑者』(07)がある。

チェン・シウキョン(撮影)
1952年生まれ。ジョニー・トー作品の斬新で緊迫感あふれる映像を支えるシネマトグラファー。映画カメラマンデビューは89年、スティーブン・シン監督の「相見好」。2003年のトー監督作品『PTU』で香港アカデミー賞・撮影賞にノミネートされる。その後『エレクション』(05)、『エグザイル/絆』(06)、『MAD探偵 7人の容疑者』(07)、『スリ』(08)が連続して候補になる。ジョニー・トー・ファンに印象深いカメラワークの1つに『ブレイキング・ニュース』(04)の冒頭の7分間がある。

チュン・チーウィン(音楽)
現代香港を代表する作曲家。『ザ・ミッション 非情の掟』(99)、『ターンレフト ターンライト』(02)、『PTU』(03)、『イエスタデイ、ワンスモア』『ブレイキング・ニュース』(04)、『ドッグ・バイト・ドッグ』(06)などがある。


シネマート六本木

東京都港区六本木3-8-15
TEL:03-5413-7711
■アクセス
《「大江戸線」ご利用の場合》
大江戸線「六本木」駅5番出口を出て直進→2本目の路地、駐車場(時間貸駐車場タイムズ)を右折→直進後左手にございます。
《「日比谷線」ご利用の場合》
日比谷線「六本木」駅3番出口を出て、歩道を右折→六本木交差点横断歩道をそのまま直進→2本目の路地、駐車場(時間貸駐車場タイムズ)を右折→直進後左手にございます。

http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/index.html