his

絶賛上映中!!

  • 一覧へ戻る

作品の内容

今泉力哉監督作品
好きだけではどうしようもない


春休みに江の島を訪れた男子高校生・井川迅と、湘南で高校に通う日比野渚。二人の間に芽生えた友情は、やがて愛へと発展し、お互いの気持ちを確かめ合っていく。しかし、迅の大学卒業を控えた頃、渚は「一緒にいても将来が見えない」と突如別れを告げる。
出会いから13年後、迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れた渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に暮らしたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判官から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。

2019年に公開された監督作『愛がなんだ』が、若い女性から絶大な支持を受けた今泉力哉監督。恋愛映画の旗手として揺るぎないポジションを確立し、群像劇『アイネクライネナハトムジーク』や、コメディードラマ「時効警察はじめました」など、新境地へ精力的に挑んでいる。そんな今泉監督の新作映画は、かつて恋人同士だった男性二人の、8年ぶりの再会から物語がスタートする。
迅を演じるのは宮沢氷魚。連続ドラマ「偽装不倫」で杏の相手役を演じ、センセーションを巻き起こした宮沢が、持ち前の繊細さと品性を最大限に活かし、静かに葛藤する主人公を体現する。迅を振り回す渚に扮したのは、『ケンとカズ』や『全員死刑』といったエッジの立った作品で爪痕を残してきた藤原季節。俳優としてのタイプは異なるが、演じることへの真摯さを共有する彼らは、自分たちの大切なもののために勇気を出して立ち上がる迅と渚を演じきった。

キャスト・スタッフ

監督:
今泉力哉
企画・脚本:
アサダアツシ
音楽:
渡邊崇
出演:
宮沢氷魚/藤原季節/松本若菜/松本穂香
配給:ファントム・フィルム(2020年/日本/127分)

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る