新喜劇王

6月25日(木)までの上映‼

  • 一覧へ戻る

作品の内容

『少林サッカー』『人魚姫』チャウ・シンチー監督最新作!
笑いと涙の帝王チャウ・シンチーがすべての夢追い人に贈る傑作エンターテインメント!

 チャウ・シンチーの原点といえる伝説の傑作が二十年の時を経て、主人公を男性から女性にチェンジした新章が誕生!
監督・脚本・製作に徹したチャウ・シンチーは、困難な現実やコンプレックスに悩む若者たちのシリアスな実像にもせまり、自らオリジナル版へのオマージュを捧げながらストーリーやコメディ要素を現代的に進化させていく。監督ハーマン・ヤウが共同監督に名を連ね、『Project X-Traction (原題)』『ドラゴン・ブレイド』などジャッキー・チェン主演作のアクションクルーも参戦。日本人作曲家・日向大介によるオリジナル版『喜劇王』の音楽も再び登場。 
主演は、まさに“喜劇王”チャウ・シンチーに見出され、本作でスクリーンデビューを飾った注目女優エ・ジンウェン。『西遊記2 ~妖怪の逆襲~』(17年)で村人役のエキストラをした縁がある彼女は、思い切った変顔や体当たり演技でコメディエンヌ魂を発揮。人気俳優ワン・バオチャンが、起死回生を狙う元スターに扮し、トラウマ級の“白雪姫コスチューム姿”を披露。共に下積み時代にエキストラ経験を持つ二人が、初タッグとは思えぬ息の合ったハジけぶりで爆笑を誘う。
エンドロールの「NGシーン集」の隅々に至るまで笑いと感動がノンストップで加速する、これぞ“チャウ・シンチー・ワールド”の決定版だ!

 映画女優になる夢を抱くモン(エ・ジンウェン)。しかし、万年エキストラのまま、回ってくる仕事は顔すら映らない端役や死体の役ばかり。ある日、役作りのプチ整形顔がスタッフの目に止まり、かつてのスター俳優マー(ワン・バオチャン)主演の超大作「白雪姫 血のチャイナタウン」に抜擢された。だがマーは演技も性格も最低最悪。過去の栄光にすがるトラブルメーカーだった。落ちぶれ俳優マーと、底辺から脱しようと奮闘するモン。やがてこの出会いが、2人の人生を大きく変えていく──!!

キャスト・スタッフ

監督・脚本・製作:
チャウ・シンチー
共同監督:
ハーマン・ヤウ
音楽:
日向大介
出演:
ワン・バオチャン /エ・ジンウェン/チャン・チュエンダン
配給:ツイン(2019年/香港・中国/90分/広東語)
©2019 The Star Overseas Limited All Rights Reserved.

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る