『パラサイト 半地下の家族』公開記念 鬼才ポン・ジュノの世界

3/6(金)~3/19(木)に追加上映決定‼

  • 一覧へ戻る

作品の内容

世界がその才能を絶賛する韓国の鬼才ポン・ジュノ――最新作『パラサイト 半地下の家族』で、韓国映画として史上初となるカンヌ国際映画祭パルムドール<最高賞>受賞。世界各国で記録を塗り替える爆発的ヒットを飛ばし、アカデミー賞(R)最有力と目されている。
コメディ、サスペンス、アクション、SF――映画のすべてが詰まった超一級エンターテインメント!あらゆるジャンルを融合させたポン・ジュノ ワールドをスクリーンで体感せよ!

【上映作品】

『ほえる犬は噛まない』
出演:ぺ・ドゥナ、イ・ソンジェ
2000年、110分
中流家庭の人々が暮らす閑静な郊外のマンションで、子犬の連続失踪事件が発生。自分の手で犯人を捕まえようと、ひとりの女子事務員が捜査を開始する・・・。ユーモラスなキャラクターたちが繰り広げる、ちょっとシュールなシニカルコメディ。ポン・ジュノの緩急自在な語り口が絶妙な記念すべきデビュー作。

『殺人の追憶』デジタルリマスター版
出演:ソン・ガンホ、キム・サンギョン
2003年、131分、PG-12
ソウル近郊の農村で女性の変死体が発見される。捜査が難航する中、第二、第三の殺人事件が発生。たった一人の殺人犯に翻弄され、追い詰められていく刑事たち・・・。80年代後半に韓国で起こった当時未解決だった連続殺人事件を基にしたミステリーの最高傑作! 30年もの時を経て2019年9月、真犯人が特定された。

『母なる証明』
出演:キム・ヘジャ、ウォンビン
2009年、129分、PG-12
母ひとり子ひとりで懸命に生きてきた親子。ある日、女子高生の惨殺死体が発見され、息子が容疑者として拘束されてしまう。息子の疑惑を晴らすため、母親はたった一人で真犯人を追っていく・・・。子を想う母の“無償の愛”を通じ、”人間の真実“をスリリングに描き出すヒューマンミステリーの傑作!

『スノーピアサー』
出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ
2013年、125分、PG-12
新たな氷河期に突入した地球上を走る列車「スノーピアサー」。そこは人類にとって唯一の生存場所。先頭車両は上流階級が支配し、後方車両の乗客は奴隷のような扱いを受けていた。そんな中、ひとりの男が、自由を求め反乱を起こし前方を目指す・・・。ハリウッド・キャストを起用し、初めて英語で臨んだ記念すべき1作。


配給:ビターズ・エンド、*『スノーピアサー』配給:ビターズ・エンド、KADOKAWA

2/7(金)~2/19(水)
上映スケジュール


3/6(金)~3/19(木)
上映スケジュール


上映時間が決まりましたら【タイムスケジュール】にてお知らせします

料金:一般・大学1,400円、シニア1,200円(各種サービスデー適用)
*『パラサイト 半地下の家族』の当日券(有料)半券、未使用のムビチケカードご提示で1,200円(劇場窓口のみ)

  • btn_price.gif

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



特別料金情報

  • 3/6(金)~3/19(木)に追加上映決定‼
  • 料金:一般・大学1,400円、シニア1,200円(各種サービスデー適用)
  • 『パラサイト 半地下の家族』の当日券(有料)半券、未使用のムビチケカードご提示で1,200円(劇場窓口のみ)
  • 一覧へ戻る