BOYS/ボーイズ

3月26日(木)までの上映

  • 一覧へ戻る

作品の内容

夏の日、競技場のトラック、走る君
そして僕は本当の恋を知るー

思春期の男の子の淡いラブストーリーを描いた本作は、第33回オランダ映画祭でオランダ映画批評家賞と最優秀助演男優賞の2冠に輝き、最優秀主演男優賞にもノミネートされた。注目の若手俳優ヘイス・ブロームとコ・サンドフリットが、大人になる一歩手前の思春期の少年同士の恋を初々しく演じている。繊細で美しいシーヘル役のヘイス・ブロームと、あどけなさと男らしさが混在するマーク役のコ・サンドフリットの微妙な心の揺れが、新鮮さと爽やかな世界感を描き出している。
陸上部に所属するシーヘルは、チャンピオンシップ大会に向けて結成された強化チームに選ばれ、同じく選手として選ばれた自由快活で爽やかな少年マークと出会う。ある日、練習の後、チームメイトと泳ぎに出かけ二人きりになったシーヘルとマークとはお互いに引き寄せられるようキスをしてしまう。ガールフレンドのイェシカと会っていても、シーヘルの頭の中にはマークが浮かんでばかり。その気持ちが友情なのか愛情なのか自分でもよくわからない。戸惑うシーヘルをよそに、マークはシーヘルに自分の感情を大胆に、まっすぐに伝えてくる。どうしていいかわからないシーヘルは徐々にマークを避けていくが、チャンピオンシップ大会の前日ついに二人は喧嘩してしまう。生まれて初めて芽生えた抱えきれない自分の気持ちにシーヘルは胸を締めつけられる。たった1度の15歳の眩しい夏、美しい時の中で少年は本当の恋を知る・・・

キャスト・スタッフ

監督:
ミーシャ・キャンプ
出演:
ヘイス・ブローム、コ・サンドフリット、トン・カス、フェルディ・ストフミール
配給:ハーク(2014年/オランダ/80分)

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る