ヘンリー

4月29日(月)追加上映決定!

  • 一覧へ戻る

作品の内容

『ザ・バニシング-消失-』日本初公開記念
もうひとつの最も恐ろしい映画


14 歳の時、虐待を繰り返す母を殺害したヘンリーは、相棒のオーティスその妹ベッキーとの奇妙な同居生活をはじめる。だがヘンリーは、次第に本能的ともいえる殺人への衝動が抑えられなくなっていく。そしてヘンリーに惹かれ、自ら迫るベッキーの様子を見たオーティスが嫉妬、共同生活は惨劇と化していく。

完成から数年間、本国アメリカでオクラ入り状態となり、1990 年にやっと正式に公開、日本では 1992 年に劇場公開された作品。70 年代後半~80 年代にかけて、全米で 300 人以上を殺害したと云われる連続殺人鬼、ヘンリー・リー・ルーカスの日常を淡々と凍るような冷たさで描いた犯罪スリラーで、流血や残虐シーンはほとんどないにもかかわらず、作品の放つ空気と徹底したドキュメンタリータッチの描写で<史上最も恐ろしい映画>のひとつとして映画史に残る衝撃作。

キャスト・スタッフ

監督・製作・脚本:
ジョン・マクノートン
出演:
マイケル・ルーカー/トム・トウルズ/トレイシー・アーノルド/キャム・ヘスキン
配給:キングレコード(1986 年/アメリカ/83分)

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る