薔薇とチューリップ

5月3日(金)より公開

  • 一覧へ戻る

作品の内容

ジュノ(2PM)主演
一生忘れることが出来ない夢の時間


個展開催のため来日した、世界的若手現代アーティスト・ネロ(ジュノ(2PM))。彼は到着早々、自分の絵の盗作が置かれていると噂の旅館を密かに訪れ、そこで温泉客である韓国人留学生・デウォン(ジュノ(2PM))と出会う。なんとネロとデウォンは瓜二つだった! 互いに驚きを隠せない二人だが、ネロは“ある目的”のために、デウォンに自分と入れ替わるよう依頼する。旅館の跡取り娘・かおり(谷村美月)とふれ合う中で過去と向き合うネロと、時代の寵児になりすましながら未来を模索するデウォン。姿形はそっくり、けれど性格も立場も異なる二人……彼らが入れ替わりの日々の中で見つけた、“本当の自分”とは--!?

アジアのトップ男性グループ2PMの枠を超え、俳優として躍進を遂げているジュノ。2015年の映画「二十歳」で俳優としての実力を高く評価したNBCユニバーサル・エンターテイメントが、彼の魅力を広く知らしめたいと、小学館の協力を得て2016年にビッグプロジェクトが始動。完全オリジナル作品に挑むためにラブコールを送ったのは「東京タラレバ娘」「海月姫」「雪花の虎」などで知られる大人気女性漫画家であり、かねてより熱心な2PMファンで知られる東村アキコ先生だった。2017年、東村先生が原作を描き上げ、それをもとに脚本化が進み、ここに超豪華ドリームタッグが実現!その間にもジュノは「ただ愛する仲」「油っぽいメロ(原題)」などに主演してますます売れっ子となり、東村先生も多数の連載を抱え、どちらも分刻みのスケジュールに追われる身に。そして2018年初旬、無事に映画がクランクイン。ジュノ自身、タイトな撮影スケジュールをこなしながら、常に胸に抱いていたのは、絶対にこの作品を完成させる! という熱い想い。さらには、この映画のためにジュノ本人が主題歌を書き下ろし、作品を一層盛り上げている!

キャスト・スタッフ

監督:
野口照夫
原作:
東村アキコ「薔薇とチューリップ」(小学館)
出演:
ジュノ(2PM)/谷村美月/玄理/ふせえり/チャンソン(2PM)
配給:NBC ユニバーサル・エンターテイメント(2019年/日本/90分)
  • btn_advance.gif

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



前売り券情報

  • 5月3日(金)より公開
  • 【前売券】1,500円(1/19より販売予定)
  • ※先着で、ミニスタンドデザイン(全2種・ランダム)プレゼント
  • 一覧へ戻る