22年目の記憶

2019年1月5日(土)より公開

  • 一覧へ戻る

作品の内容

ソル・ギョング×パク・ヘイル共演
幻の南北首脳会談の裏に存在したある1人の男


1972年韓国と北朝鮮の間に南北共同声明が発表された。統一ムードに沸く韓国では、初の南北首脳会談にむけて金日成の代役オーディションが秘密裏に行われた。売れない俳優のソングンは、オーディションに受かり役作りにのめりこんでいく。そのうち、自分が北朝鮮の最高指導者・金日成(キム・イルソン)であると思い込んでしまうようになるのだった…。22年の年月がたち父親に振り回されてばかりの息子テシクと父との同居生活が始まる。

売れない俳優のソングンを演じるのは、これまで多彩な役柄を演じてきたカメレオン俳優のソル・ギョング。息子役には、『ラスト・プリンセス -大韓帝国最後の皇女-』の演技派俳優パク・ヘイル。監督と脚本は「ヨコヅナ・マドンナ」「彼とわたしの漂流日記」など、独創的な設定と演出力で知られるイ・へジュン。韓国と北朝鮮の南北首脳会談のリハーサルが行われたという記事から着想を得て、実力派俳優2人の父と息子の22年に渡る物語を見事完成させた。

キャスト・スタッフ

監督:
イ・ヘジュン
出演:
ソル・ギョング/パク・ヘイル/ユン・ジェムン/イ・ビョンジュン/リュ・へヨン
配給:ファインフィルムズ(2014年/韓国/128分)

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る