お嬢さん スペシャル・エクステンデッド版(R18+)

7月7日(金)までの上映!!

  • 一覧へ戻る

作品の内容

パク・チャヌク監督、渾身の編集―
24分の未公開カットも追加したスペシャル・エクステンデッド版、限定上映が決定!


1930年代、日本統治下の韓国。詐欺師である藤原伯爵は、スラム街で詐欺グループに育てられた少女スッキへ、ある計画を持ちかけられる。それは、莫大な財産の相続権を持つ令嬢・秀子を誘惑して結婚した後、精神病院に入れて財産を奪い取る計画だった。加担することにしたスッキは、人里離れた土地に建つ屋敷で、日本文化に傾倒した支配的な叔父の上月と暮らす秀子のもとで、珠子という名のメイドとして働きはじめる。しかし、献身的なスッキに秀子が少しずつ心を開くようになり、スッキもまた、だます相手のはずの秀子に心惹かれていく。

秀子役に『泣く男』のキム・ミニ、スッキ役は無名の新人女優キム・テリがオーディションで抜擢された。伯爵役には『チェイサー』のハ・ジョンウ、秀子の叔父・上月役は『最後まで行く』のチョ・ジヌンが演じている。

キャスト・スタッフ

監督:
パク・チャヌク
出演:
キム・ミニ/キム・テリ/ハ・ジョンウ/チョ・ジヌン/キム・ヘスク
配給: ファントム・フィルム(2016年/韓国/169分)

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る