ギフト 僕がきみに残せるもの

8月19日(土)より公開

  • 一覧へ戻る

作品の内容

きみが生まれる時、もう僕はきみを抱きしめられないかも知れない─
我が子に向けたビデオダイアリーをもとに製作されたドキュメンタリー!


アメリカンフットボールの最高峰、NFL。ニューオーリンズ・セインツ現役時代に輝かしい功績を残したスティーブ・グリーソンは、ニューオーリンズの市民にとってヒーローだった。それから5年。選手生活を終えたグリーソンは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後に妻との間に初めての子どもを授かったことが判明する。これから生まれてくる子を自分は抱きしめることができるのか、この子のために自分は何を残せるのか…グリーソンは我が子に向けて毎日ビデオダイアリーを撮りはじめる。

グリーソン自身や家族、友人が撮影した4年間、1500時間におよぶビデオダイアリーによって構成され、グリーソンが敬愛するミュージシャン、パール・ジャムのエディ・ヴェダーが劇中の音楽を提供し、本編にも出演している。

キャスト・スタッフ

監督:
クレイ・トゥイール
出演:
スティーヴ・グリーソン/ミシェル・ヴァリスコ/エディ・ヴェダー/スコット・フジタ
配給: トランスフォーマー(2016年/アメリカ/111分)
  • btn_advance.gif

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



前売り券情報

  • 8月19日(土)より公開
  • 【前売券】1,500円
  • ※先着で"「宇宙兄弟」ALSプロジェクト「せりか基金」×『ギフト 僕がきみに残せるもの』特製コラボステッカー"をプレゼント!
  • 一覧へ戻る