ネオン・デーモン

2月22日(水)までの上映 ※2月18日(土)・20日(月)休映

  • 一覧へ戻る

作品の内容

『ドライヴ』を超える衝撃。N.W.レフン監督最新作。
モデル業界に渦巻く漆黒の野心。美にとり憑かれた悪夢が幕を開ける。


絶賛の拍手喝采と非難の嵐が、本年度カンヌ国際映画祭の上映会場を真っ二つに引き裂いた。歴史と権威ある映画祭を挑発したのは、5年前にまさにこの地で、監督賞の栄誉を受けた男、ニコラス・ウィンディング・レフンだ。
新しい才能を待ちわびていた世界の映画ファンに、最高の刺激と興奮をもたらしたクライム・サスペンス『ドライヴ』への高い評価の結果だった。
そして最新作では一転、究極の美を追い求めるファッション業界の裏側に渦巻く欲望を、白昼夢のような幻想的かつ煌びやかな映像で描き出した。「美しさがすべてではない、美しさこそが唯一のものだ」と信じる、命さえも美に捧げる者たちの行きすぎた情熱を、ダークな大人のおとぎ話に仕上げたのだ。
レフン監督は自身が浴びた賛否両論に対して、「観客の心に刺さることで、彼らの一部になる目的は達成された」と不敵に笑う。 2017年、衝撃の悪夢が遂に日本にも解き放たれる─!


誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた16歳のジェシーは、トップモデルになる夢を叶えるために、田舎町からロスへと やって来る。すぐに一流デザイナーやカメラマンの心をとらえるジェシーに、激しい嫉妬を抱くライバルたち。ジェシーに仕事を奪われた彼女たちは、常軌を逸した復讐を仕掛け始める。
だが、ジェシーの中に眠る壮大な野心もまた、永遠の美のためなら悪魔に魂も売り渡すファッション業界の邪悪な力に染まっていく。
そして今、光と闇を得たジェシーが、ファッション業界のさらなる闇へと踏み込んでいく―。

キャスト・スタッフ

監督
ニコラス・ウィンディング・レフン
キャスト
エル・ファニング キアヌ・リーブス カール・グルスマン クリスティーナ・ヘンドリックス ジェナ・マローン
2016年/フランス・アメリカ・デンマーク合作/118分/R15+ 配給:ギャガ
(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time6}
{time2}
{time7}
{time3}
{time8}
{time4}
{time9}
{time5}
{time10}
-- SCREEN {screen}

{note} {note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る