いつか、また

5月1日(金)まで上映

  • 一覧へ戻る

作品の内容

ウィリアム・フォン(「蘭陵王(らんりょうおう)」) × チェン・ボーリン( 『藍色夏恋』) × ウォレス・チョン(『ドラッグ・ウォー 毒戦』)競演!
中国本土で大ヒットを記録した話題作が遂に上陸!

出演は、“中国大陸No.1美男子”として名高いウィリアム・フォン。大人気TVドラマ「蘭陵王」では【あまりのイケメン姿に仮面をつけて戦った】という伝説のある絶世の美男子、蘭陵王を華麗に演じた。「蘭陵王」ではクールな男を演じていたが、本作では明るい元気な男性を好演している。 

そして、大ヒットした珠玉の青春映画『藍色夏恋』で一躍注目を集め、ドラマ「東京タワーオカンとボクと、時々、オトン」など、日本でも根強い人気を誇るチェン・ボーリン。 

もう一人は、『ドラッグ・ウォー 毒戦』のウォレス・チョン。彼は2014年7月に実施された台湾のニュースサイト、東森新聞網の「男神」を選ぶアンケートの「伝統」部門でアンディ・ラウを押さえて、見事に1位に輝くなど女性たちの熱い視線を集めている。

音楽は、Mr.Children、MY LITTLE LOVER等を手掛けた、日本が誇る名音楽プロデューサー小林武史が担当。
岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』(1996年)等の音楽監督も担当した実績を持つ彼が参加している。
彼が参加したことは、中国でも話題になり、多くのメディアで取り上げられた。

監督・脚本を務めたのは、中国の人気若手小説家であるハン・ハン(韓寒)。2010年、処女小説「上海ビート(原題:三重門)」は100万部を売上げ、過去20年の中国で最大のベストセラーの一つになり‘ハン・ハン現象’と呼ばれるブームが起きた。
タイム誌が発表する「世界で最も影響力のある100人」(2010年)にも選ばれるなど、世界からも、その動向が注目されている。
アーティストとしての活動も活発で、本作『いつか、また』では主題歌の作詞も担当し、その楽曲「The Road We Pass」が、台北金馬奨(台湾アカデミー賞)で見事、最優秀オリジナル楽曲賞を受賞した。

キャスト・スタッフ

監督・脚本:
ハン・ハン
出演:
ウィリアム・フォン/チェン・ボーリン/ウォレス・チョン/ジョー・チェン/ワン・ルオダン/ユエン・チュアン

配給:ファインフィルムズ (2014年/中国/104分・予定/原題:后会无期)

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time6}
{time2}
{time7}
{time3}
{time8}
{time4}
{time9}
{time5}
{time10}
-- SCREEN {screen}

{note} {note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る