シネマート六本木のホームへ>>  

シネマート塾 亜細亜娯楽講座 本講座第8回 開催決定!
プラープダー・ユン〈作家・『インビジブル・ウェーブ』脚本作家〉
PROFILE

1973年バンコク生まれ。中学卒業後に渡米し、アートを学び、マンハッタンでグラフィックデザイナーとして働く。1998年にタイへ帰国。作家としての活動を開始。2000年に発表した短編小説集がベストセラーとなり、タイで最も権威ある文学賞である〈東南アジア文学賞〉も受賞。知的カリスマとして若者たちを中心に圧倒的な支持を獲得する。作家活動だけではなく、編集者、ペンエーグ・ラッタナルアーン監督の『地球で最後のふたり』『インビジブル・ウェーブ』の脚本家、編集者、グラフィックデザイナー、イラストレイター、フォトグラファー、作詞家、ミュージシャンなどとしても第一線で活躍、2005年には出版社“タイフーンブックス”を設立し、タイのユースカルチャーを曳航し続けている。
2007年5月には“タイフーンブックス”の日本ブランチ的な“タイフーン・ブックス・ジャパン”の第1弾として、自身の短編集「鏡の中を数える」を発行したばかりである。

プラープダー・ユン最新情報 http://www.wildwitness.com/
プラープダー・ユンのブログ(英語) http://typhoonprabda.wordpress.com/

日時:6月30日(土) 14:00〜16:00(15分休憩挟む)

ゲスト決定 !!

◆司会:青山泉(あおやまいずみ)

プロフィール:在タイ10年余。1998年〜2004年までバンコクのミニコミ誌「DACO」の編集長として、ガイドマップ『歩くバンコク』や『バンコク便利帳』の企画や制作などを担当。昨年末にチュラロンコン大学文 学部大学院を卒業した。

◆通訳:吉岡憲彦(よしおかのりひこ)

プロフィール: 国際交流基金芸術交流部造形美術課職員。1999年〜2004年まで同基金バンコク日本文化センター勤務、現地での日本映画祭、展覧会、舞台公演などを担当。共著に『アジア映画』(作品社)、翻訳に『地球で最後のふたり』(ソニーマガジンズ社)など。

●当日はプラープダー・ユンさんの著作「鏡の中を数える」購入者へのサイン会もあります
※受付けは2階(シネマートホール入り口)で、開演40分前(13:20)よりおこないます
※開場は20分前(13:40〜)、入場は整理番号順になります
※開場までに受付をお済ませの上、2階のシネマートホールにお集まりください
※開場に遅れますと、整理番号は無効となります
※キャンセル待ちの方は開演15分前(13:45)に2階の受付にお集まりください
※開演 5分前までにご来場いただけない場合、キャンセル扱いとさせていただきます。ご了承ください。


場所:東京・シネマート六本木 2F シネマートホール
地図はこちら

受講料:1,500円(ワンソフトドリンク付き)
※受講料は当日のお支払いとなります

申し込み方法:
 お電話 シネマート六本木 03-5413-7711(11:00〜19:00)

たくさんのご来場ありがとうございました。
※メールでの受け付けは終了いたしました。
※キャンセルする場合は事前にご連絡ください。
※予約なしでの当日参加につきましては当日の参加人数の状況に左右されますので、事前のご確認をお願いします(予約状況は“シネマート亜細亜講座ブログ”でもお知らせしていきます)。


本講座の第8弾には、現在絶賛公開中の浅野忠信主演作『インビジブル・ウェーブ』の脚本家であるプラープダー・ユンさんが登場!短編小説集「鏡の中を数える」が日本でも発売されたばかりのプラープダーさんは作家だけでなく、アーティストとしても活躍、出版社を主宰するなど、タイのユースカルチャー界を曳航するカリスマ的な人物です。そんなプラープダーさんが語る『インビジブル・ウェーブ』制作の裏話や、タイ&アジアの最新カルチャー事情、そして日本への眼差し・・・・。これは映画ファンならずとも、見逃せない内容になることは間違いなしです(※講座の内容は変更になる場合があります)。



※応募に際し、重複しての申し込みがいくつかみられます。こういったことは他のお客様のご迷惑となりますので、確認の上、お控 えください。よろしくお願いします。


シネマート六本木 六本木駅より徒歩約2分 東京都港区六本木3-8-15 TEL:03-5413-7711
《営業時間》 10:00〜終映まで ※ショップ&シネマートホールは19:00で終了。

■《「大江戸線」ご利用の場合》
大江戸線「六本木」駅5番出口を出て直進→六本木スクエア右折と書かれた看板を右折→直進後左手にございます。

■《「日比谷線」ご利用の場合》
日比谷線「六本木」駅3番出口を出て、歩道を右折→六本木交差点横断歩道をそのまま直進→六本木スクエア右折と書かれた看板を右折→直進後左手にございます。

その他のアクセスはコチラシネマート塾 亜細亜講座 ブログ
シネマート六本木 ホームページ

Copyright  Cinemart 2001-2007.All Rights Reserved