メモリー ~君といた場所~

お忍びでタイ北部を訪れ記憶を失ったスターがパパラッチの女性と恋に落ちる。日本でもCLASSYなどでモデルとして活躍する女優ポーラ・テイラーと人気歌手のFilmが夢の共演。

◆監督

ヘーマン・チェータミー

◆出演

ラッタプーム・トーコンサップ

ポーラ・テイラー

イード・ポーンラーンサオーン

ラーラー

ルールー

 

2006年/105分/カラー

英題:The Memory


あまり知られていないタイ北部の涼しげな癒しの空間に、まさにタイ! なアツアツの恋愛が溶け込んでいく。この意外なコントラストに加え、清楚なのにお転婆、キレイなのにキュートなポーラのギャップ。この裏切りがタイ映画なんだなー。
浅野宗祐(ぴあ編集部)

Introduction

記憶を失ったスーパースターと、その過去を知るパパラッチの女性とのロマンティックな恋物語。恋において忘却されることほどつらく悲しいことはない。それが記憶を軸に展開される本作では、無情にもそんな運命に翻弄されてしまう。果たして二人の恋は成就するのか――。いやがおうにも甘く切ない気持ちにさせるロマンスを、タイの実際のスーパースター、フィルムとポーラがナチュラルに演じ、チェンマイ、チェンライ、メーホンソンといったタイ北部の風光明媚な自然の景色とあいまって、タイの観客の涙をしぼり取った感動作。タイ北部は、タイ人にとっても観光名所となっており、本作のロケーションにもなったタイ国内最高峰のドーイ・インタノン(標高2576m)など、(恋に欠かせない!?)寒さを感じるスポットとして人気だ。なお、ポーラは日タイ修好120周年記念のテレビドラマ「Hiroshima Sky」(07)に主演、雑誌「CLASSY」専属モデルを務めるなど、日本びいきとしても有名。

Story

国民的スーパースターのフィルム(フィルム)は、激務の疲れを癒すため、ひとり北部の旅へと出かけていた。ある日、フィルムは、車のハンドル操作を誤って交通事故に遭い、山岳民族のロースー(イード)に助けられるも記憶を失くしてしまう。そんなフィルムのお宝写真を撮ろうと近づくパパラッチのジャー(ポーラ)。記憶の戻らないフィルムと過去を知るジャーの間に、いつしか恋心が芽生えていく――。
(C)2006 RS PUBLIC COMPANY LIMITED.
関連記事:

コメント

2年位前にバンコクの映画館で見たんだけど、タイ語なんてチンプンカンプンなのに簡単なストーリーと奇麗な映像で十分楽しめましたよ。タイ人の繊細な恋心みたいなのが上手く表現されていて、見ている方も胸がはち切れそうな切ない思いになってしまいましたぁ。タイ北部の自然の映像は見応えいっぱいで、主演のFILMくんも超カワイイですぉ。今回はやっと日本語字幕付きで見れるので凄く楽しみです!!

コメントする