セルラー・シンドローム

携帯のプライベートな動画の流出が原因で殺人事件が起きるサイコ・ホラー。現代社会の罠をテンポの良い映像で見せる意欲作。

◆監督

パークプーム・ウォチンダー

◆出演

パウポン・テープハサディン・ナ・アユタヤー

ガームシリ・アーシラルートシリ

ナッタポン・テーンカセーム

ワロット・ピタカーノン

スモンラット・ワッタナーセーラーラット

 

2007年/79分/カラー

英題:Video Clip


見えない何者かに私生活を公開され、次々と仲間が死んでいく…ネットに潜む恐怖はバンコク共通? イマドキのタイの若者の危ない日常が描かれていて、興味深い1作。映像がクール。恐怖におびえるカップルもキュートです。
青木久美子(アジアンエンタメライター)

Introduction

2,483,807回――。これは、2006年の1年間に、大学生未満のタイのティーンエイジャーが「盗撮」とサーチエンジンで検索してクリックした回数だ。プライベート動画がネット上に流出して芸能界から葬り去られた芸能人やスカートの中の逆さ撮りで捕まった若者のニュースは、タイでも枚挙に暇がない。特にプライベート動画の流出は、メールの転送が転送を呼び、あたかもウィルスが広がるように数分にしてタイ全土に認知されてしまう。そんな燎原の火のごとく広がるウィルスにも似た恐怖と節操のない覗き見趣味が引き起こす問題を、『Scared』(05)でショッキングなホラー映像を見せつけたパークプーム・ウォンチンダー監督が映画化。タイ社会の時事問題を、コヨーテガールのセクシーダンスや女子高生のライトなレズビアンシーンなどを交えて、テンポよくコンパクトに、そしてちょっぴりセクシーにまとめた意欲作だ。

Story

携帯電話の修理で日銭を稼ぐケン(ター・バービー)は、顧客の携帯からプライベートな動画を盗み取っては仲間に見せて楽しんでいた。ある日、絵画を専攻する大学生のミーナ(ナムワーン)が携帯の修理に現れた。何かに怯えたようなミナに心を寄せるケン。そんな折、ケンの仲間に次々と異変が起き、ミナの着替えやシャワーシーンなどの盗撮動画が、ケンの携帯に届き始める……。
(C)2007 Sahamongkolfilm International Co., Ltd. All rights

Image Gallery


関連記事:

トラックバック

» 【感想】セルラーシンドローム from タイのおなかとせなか ~ あの空の下で…
先週に引き続き、タイ映画を見にシネマート六本木へと行って来た^^ 今回は「セルラー・シンドローム」という、携帯電話と動画という現代的なメディアと、それが... [Read More]