ヌーヒン バンコクへ行く

田舎からバンコクに出稼ぎに来たおてんば少女ヌーヒンの大冒険。タイで10年以上連載が続く人気漫画が原作の抱腹絶倒コメディ。

◆監督

コムグリット・ドゥリーウィモン

◆出演

ルンラーワン・トーナホンサー

コッチャコーン・スパカーンキッジャクン

パーニサー・ブアジャルーン

アディソン・インスィー

ナハタイ・レックバムルン

 

2006年/99分/カラー/英題:Noohin



田舎から大都会へ出てきたヌーヒンの天真爛漫ぶりが爆笑を呼ぶ。何をやらかすかわからない爆弾娘の先が見えない行動には、こっちもハラハラ。それにしても大富豪に美人姉妹はゴージャスだねえ。
野島孝一(映画ジャーナリスト)

Introduction


90年代から10年以上にわたって親しまれているギャグ漫画「ヌーヒン」の初の映画化。左右の高さが微妙に違うおかっぱ頭におでこの両端に髪留めというトレードマークでタイの老若男女に知られた東北のおてんば娘、ヌーヒン。今も巻を重ね、1冊あたり100万部以上の売上を誇るコミックの映画化は、これまでにも何度も企画が持ち上がりながら実現に至らなかったが、『フェーンチャン ぼくの恋人』(03)、『親友』(05)で安定した実力を見せた気鋭のコムグリット・ドゥリーウィモン監督がついに映画化を実現、日本でいえば、「ちびまる子ちゃん」のドラマ化、あるいは(実現していないが)「クレヨンしんちゃん」の実写化に匹敵するインパクトのある話題作が登場した。タイ東北(イサーン)ネイティブのルンが伸び伸びと演技をする様は、痛快そのもの。容赦ない“リアル・ヌーヒン!”のイサーン語にタイでもタイ語字幕がついていたのは、ご愛嬌!?

Story

東北タイの田舎町に住むおてんば娘のヌーヒン(ルン)は、父親の病気と干ばつによる生活苦のため、バンコクへ出稼ぎに。運よくハイソな家のお手伝いとなったヌーヒン。美人姉妹のミルク(ヌン)とソムオー(カートゥン)のため一所懸命に働くなか、テレビでモデルコンテストの募集を見たヌーヒンは、ミルクの履歴書をこっそり送って彼女をコンテストに参加させることに成功するが……。
(C)2006 Sahamongkolfilm International Co., Ltd. All rights reserved.
関連記事:

トラックバック

» 『ヌーヒン』でも観ぃひん? from タイまで5,750,000歩
お台場のロイカトーン祭り同様、今更ながらの話題ではありますが、タイのコメディー映画「ヌーヒン・ザ・ムーヴィー」(左がそのDVD)観ました。タイ本土では、確... [Read More]

コメント

これ、日本語字幕は東京国際映画祭のままでも結構なんでDVDにして欲しいです。
タイ版のは英語字幕すらありませんし。
こういうイベントのある時しか見られないなんて、
ほんともったいない作品だと思います。

6/7、観て来ました。
予想を超えて、面白かったです。
会場で笑い声が上がっていました。

ベタベタなコメディー?理解困難なタイジョーク?などといささか懐疑的でしたが、テンポ良く楽しませてくれました。

東北タイの田舎と、バンコクの景色、ヌーヒンの勢いと美人姉妹の華やかさ、タイの「イケメン」・・・絵的にもユニークです。

コメントする