アルティメット・エージェント

テロリスト調査のためシークレットエージェントがタイに潜入。タイの人気コメディ俳優がランボー顔負けのアクションで大活躍!

◆監督

ベットターイ・ウォンカムラオ

◆出演

ペットターイ・ウォンカムラオ

ノンヌット・ソンブーン

ジャクリン・アピタナーノン

スチン・クアンサグアン

スラチャイ・ソムバットジャルーン

 

2007年/95分/カラー

英題:The Bodyguard 2



フーテンの寅さんのような顔の秘密捜査官が、ダーティ・ハリーのように次々と敵を倒していくというギャップの面白さ。カーチェースや爆破シーンの連続の中にギャグが満載され、監督・主演のマムは観客が何を見たいのかを知り尽くしている。
宇井寿之(SCREEN編集顧問)

Introduction


今やその身体能力の高さとムエタイをベースに編み出したオリジナルのアクションで世界的に人気のトニー・ジャーが初主演した『マッハ!』(03)で、メタボな身体ながらトニー・ジャーの向こうを張るアクションを見せたマムことペットターイ・ウォンカムラオ。そんな彼が微妙に冴えない身体の動きでアクション映画を初監督・主演したのが、前作『ダブルマックス』(04)(英題「The Bodyguard」)だ。ムリ、ムダ、ムラの多い動きとあくまでアクションを真面目に演じる三枚目のヒーローに、観客は大爆笑。四角い顔のシークレット・エージェントは、一躍タイで有名なキャラとなった。あれから3年。満を持して、そのパート2が登場。ぎこちないマムのアクションはそのままに、よりハチャメチャで痛快な内容に仕上がったのが本作だ。やたらと火薬の多い爆破シーンや死人が出ていないかこちらが心配になるカー・アクション、唐辛子のようにピリッと効いたトニー・ジャー(特別出演)のアクションもお見逃しなく!

Story

世界的な武器商人がタイの大手音楽プロダクションに身を潜めているという情報を入手した諜報機関は、諜報員カムラオ(マム)をタイに潜入させることに。任務の内容を妻のキアウ(ジャネット・キアオ)に明かせぬまま、タイの音楽プロダクションに乗り込んでいくカムラオ。その場でカモフラージュをかねて歌手を志願、マミー・ラオとして歌手デビューすることに成功するが……。
(C)2007 Sahamongkolfilm International Co., Ltd. All rights reserved.

Image Gallery


関連記事: