723

2008年12月 9日

【レビュー大募集!!】

『台湾シネマ・コレクション』作品のレビューを大募集いたします!

下記の通りにご投稿くださいませ。

1.ブロガーの方 → 「URL」+「レビュー作品名」「簡単な紹介」をコメントにご記入くださいませ。

2.ブログなどをお持ちでない方 → そのままコメント欄にご記入ください。 その際、トップに(レビューを書く)作品名をお入れ下さい。


沢山のレビューをお待ちしております!

725

2008年9月20日

いよいよ最終週!!@六本木 に、《続映決定》のお知らせ

● お知らせ その1 ●
いよいよ、シネマート六本木での上映も最期の週になりますが、今回のラインナップでも特に人気の高かった「練習曲」と「遠い道のり」を、アンコール上映する事が決定

9月27日(土)より上映となりますので、詳しくは「上映スケジュール」をご確認くださいませ。

● お知らせ その2 ●
台湾の人気バンド、ソーダグリーン(蘇打緑)が奏でる「ウエスト・ゲートNo.6」挿入歌「小情歌」のプロモーションビデオを、「ウエストゲートNo.6」本編上映前にスクリーンにてご覧頂ける事に成りました! この秋に日本でのライブが決定、そのチケットが即完売という注目バンドの個性的な歌声は、「ウエスト・ゲートNo.6」の世界観とマッチして気分を盛り上げてくれる事間違いなし!です。 是非この機会に御覧下さい。

724

2008年9月10日

『台湾シネマ・コレクション』 レビューリンク集作りました!

最近、スタッフたちの間でにわかにブームなのが、「検 索」 です。 『台湾シネマ・コレクション』に関するキーワードを入力し、皆様のご意見、ご感想、ご要望などなどをネット上で読んでおります。 中には「おぉ!」と思わず感動するようなすばらしいレビューを書いていらっしゃる方も多々いらっしゃるため、「これをこのままにしておいてはもったいない!」と、遅ればせながら「作品レビューのブログ・リンク集」のようなものを作れれば・・・と考えて、このブログトップにコメント欄を設けました。是非作品を観て感じたことなどを記入していただければと思います。


さて。
さらに、関連取材の記事やレビューなどWEB上で見られる主要な記事につきまして、掲載元のサイトさんより許可を頂き、リンク集を作成いたしました。 是非こちらのリンク集(俳優さんや監督さんの詳しいインタビュー記事や、ティーチ・インや舞台挨拶の詳細レポ、「練習曲」のルートマップなどもあります!)をご覧頂き、今後の作品鑑賞の御参考にしていただけますと幸いです。

さらにさらに。
地方での上映も順次決定しております!!!
詳細は、サイトの「スケジュール」にてご確認くださいませ。

722

2008年9月 9日

ニウ・チェンザー監督 来日!

%E8%B1%86%E5%AD%90.JPG


先週土曜日から上映開始となった「ビバ!監督人生!!」。初日には、主演で監督のニウ・チェンザー(鈕承澤)がシネマート六本木に登場、舞台挨拶とティーチ・インを行ないました。 満席の客席のみなさまとの質疑応答を終えたあと、場所を移して1Fロビーにてこの日にパンフレットをご購入いただいた方へ、なんと!監督がサインをいれるという即席サイン会が始まりました。

1人1人と握手をしたり、写真撮影に応じたりしつつ、ご自身の作品の反応を直接お客さまから受ける機会を楽しんでいらっしゃいました。


そして、翌日、「楽しかった!みなさん、ありがとう!!!また来ます」と笑顔で帰国されました。 


この「ビバ!監督人生!!」は、監督自身の経験を色濃く反映させた作品です。台湾ドラマの裏事情が見える!というだけでなく、ある《男と女》の人生における出会いと別れを描いた恋愛ドラマといいますか、人間ドラマというか・・・そういう点からも見ることができて楽しめると思いますので、是非ご鑑賞下さい!

718

2008年8月31日

モー・ズーイー

9月9日(水)より上映開始の「遠い道のり」主演モー・ズーイーさんより動画コメントをいただいております。 今回、パンフレット製作用に彼にインタビューのご協力をいただいたのですが、自身の演技について、そして台湾のエンタメ業界について、しっかりとした骨太な考えを持つ、熱い《役者魂》を感じさせる俳優さん、という印象を抱きました。 グイ・ルンメイさんとモー・ズーイーさんという2人の実力派俳優さんが共演する「遠い道のり」は、昨年のベネチア国際映画祭 批評家週間最優秀作品賞を受賞した作品です。 是非この機会にご鑑賞くださいませ。


<モー・ズーイーさんコメント 日本語訳>
『遠い道のり』がもうすぐ日本で公開されます。この作品は僕にとっては僕の心の痛みに寄り添ってくれるような作品です。皆さんが気に入っていただければ嬉しいです。

※グイ・ルンメイさんのコメントは、ただ今翻訳作業中です。
しばらくお待ち下さい。

721

2008年8月28日

舞台挨拶、楽しんでいただけましたか?

%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%94%A8%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg


先週末に行なわれました、エディ・ポン の舞台挨拶とトーク・イベント、いかがでしたでしょうか? 土曜日と日曜日、両方趣向を変えるように工夫をしてみました。楽しんでいただけましたらば幸いです。 エディ来日のレポートにつきましては、エディの日本公式サイト(www.eddie-official.jp)ブログにて紹介しておりますので、是非ご覧くださいませ。

舞台挨拶で上映いたしましたビデオメッセージですが、台湾からいただく際、「エディの舞台挨拶応援用に」というお約束でご協力をいただいておりました。 こちらにてご紹介をすることが可能かどうか確認をしておりますので少々お待ち下さいませ。

さて。
日曜日のトーク・イベントでは、お客様よりいただきました質問をエディにピックアップしていただき、それを答えていただくというQ&Aを行ないました。 次の舞台挨拶&ティーチ・イン(Q&A)は、9/6(土)のニウ・チェンザー監督です。 

監督の作品「ビバ!監督人生!!」は、台湾エンタメ界の舞台裏事情満載の映画です。

たとえば、浮気が発覚して、恋人という設定のチャン・チュンニンさん(劇中の名前も役どころも、そのまま「チャン・チュンニン」です)とケンカになるシーン。 責めるチュンニンさんに、「お前だって、ジェリー・イェンとキスしただろ!」とキレるニウ監督。「あれは仕事でしょう!?」と怒鳴り返すチャン・チュンニンさん。 これは、「ザ・ホスピタル」でチャン・チュンニンさんがジェリー・イェンさんの恋人役を演じていることから来たセリフ・・・ですね。 台湾ドラマに詳しい方なら、「ああ、あれ!」と思わず手を打ってしまいそうになることでしょう。

そしてまた、台湾ドラマに詳しくないけれども映画が好き、という方にも朗報です!
こちらの作品は、ロッテルダム国際映画祭でも受賞をするなど、海外の(当然台湾ドラマ界のことなど知らない)方々からも支持を集めている作品なのです。 クリエイターとして、オトコとして、自分の信じる道を進む!その進む道がだんだんと意図しない方向へとズレて来ているような気がするけど、どうしようか・・・、というようなジレンマが伝わってくる(と、スタッフは感じてる)作品です。

是非みなさま、海外の映画祭も絶賛の「ビバ!監督人生!!」を観て、『台湾シネマ・コレクション』最後の舞台挨拶&ティーチ・インを楽しんでください。 誰よりも赤裸々トークが得意(とお見受けする)ニウ・チェンザー監督。 きっと楽しませてくれること間違いなし!です!!!

日時指定チケットは、9/5(木)までチケットぴあにて発売中です。
Pコード:554-487


また、お問合せのありました大阪、札幌でのスケジュールにつきましては、確認が取れ次第ご案内をいたします。 お待たせしてしまいまして申し訳ありません。

719

2008年8月26日

開幕初日、エディ来場!

%E3%81%8A%E5%AE%A2%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8.jpg


8月23日(土)より、『台湾シネマ・コレクション』が開幕いたしました。 初日の舞台挨拶のためにエディ・ポンが来場! この日の舞台挨拶チケットは即日完売の超・プラチナチケット。 エディの初・日本舞台挨拶を祝うために大勢のお客様にご来場をいただきました。

ただ今、エディのオフ・ショットを準備中です。
エディのオフ・レポートを近日中にご紹介いたしますので、エディファンの皆様、お楽しみに!

717

2008年8月21日

グイ・ルンメイさんより動画メッセージをいただきました!


本日は、グイ・ルンメイさんよりいただいたコメントをUpいたしました。
彼女は「遠い道のり」に主演、美しい台湾の海岸線の景色を背景に、彼女のこれまでのイメージとは異なる、「不倫の恋に苦しむ女性」という役どころに挑戦!孤独な心が向かう《人生再生の旅》の結末とは?! ベネチア映画祭 批評家週間最優秀作品賞受賞作です。


☆グイ・ルンメイさんコメントの翻訳は、明日掲載いたします。

715

2008年8月20日

ニユ・チェンザー監督動画メッセージ!

「ビバ!監督人生!!」のニウ・チェンザー(鈕承澤)監督からも動画メッセージが届きました! 初メガフォンのこちらの作品で、数々の海外映画祭で受賞を重ねたニウ監督。 9月6日(土)から上映が始まるタイミングにあわせて来日&ティーチ・インが決定しております。 ホウ・シャオシェン映画に子役として出演後、俳優として、そしてドラマ監督として活躍。 ティーチインではそのあたりの裏話(この作品自体が「どこまで裏話なのか?!」きわどいところではありますが)などをお聞かせいただきたいと考えております。

8月23日(土)よりチケットぴあにて日時指定券が発売となります! 

<以下、ニウ監督のコメント訳です>
はじめまして。ニウ・チェンザーです。
私の作品「ビバ!監督人生!!」が間もなく日本でも公開されます。
みなさんが、この映画を通して、
笑いあり涙ありの旅を得られますように。

714

2008年8月18日

ジョセフ・チャン(張孝全)さんの動画コメントです!


ジョセフ・チャンさんの動画コメントをいただきました。
とてもキレイで印象的な映像が続く作品「午後3時の初恋」で、多重人格の青年を演じたジョセフ。まったく異なる2つのキャラクターでしたが、どちらもステキでした。 サラサラとした水のせせらぎ音、ノスタルジックなセットや緑の美しい風景が続く本作、是非スクリーンでお楽しみください!

<コメントの翻訳です>

こんにちは、ジョセフ・チャンです。

私の映画、「午後3時の初恋」が8月23日より東京で開催される『台湾シネマ・コレクション』で上映されます。是非、万障お繰り合わせの上、『台湾シネマ・コレクション』に来て作品をご鑑賞ください。そして『台湾シネマ・コレクション』にいらっしゃる方は、この「午後三時の初恋」を忘れずに観てくださいね!

皆様がこの作品を気に入ってくださいますように。