タイ式シネマ☆パラダイス『ミー・マイセルフ 私の彼の秘密』舞台挨拶(5月31日/シネマート六本木)

内容

5月31日、東京・シネマート六本木で開幕した本邦初のタイ映画の祭典〈タイ式シネマ・パラダイス〉の初日舞台挨拶が、オープニング作品『ミー・マイセルフ 私の彼の秘密』上映終了後に行われた。ゲストとして登壇したのは、この作品で監督業にも進出したポンパット・ワチラバンジョン、主演俳優である“タイのオーランド・ブルーム”アナンダ・エヴァリンハム、このフェスティバルで上映される『メモリー?君といた場所?』主演女優である“タイのエビちゃん”ポーラ・テイラー、そしてこの〈タイ式シネマ・パラダイス〉応援団長を買って出た芸能界きってのタイ通 ワッキー(ペナルティ)。この舞台挨拶の模様をご紹介。

《登壇ゲスト》
ポンパット・ワチラバンジョン(『ミー・マイセルフ 私の彼の秘密』監督)
アナンダ・エヴァリンハム(『ミー・マイセルフ 私の彼の秘密』主演男優)
ポーラ・テイラー(『メモリー?君といた場所?』主演女優)
ワッキー(ペナルティ)

本日はタイから主演俳優、主演女優、美男美女の方々がやって来てくださいました。 それでは早速、お呼びしたいと思います。拍手でお迎えください。 (タイ語をしゃべりながら、ワッキーが登場)ワッキーさんじゃないですか。 ワッキーさん、突然登場!びっくりしました。

ワッキー:(タイ語で)今日はすごく嬉しい。なぜなら、僕はタイの映画が大好きだからです。僕は日本で大スターですよね?今、日本人のタイ語が分かるお客さんに違いますと言われました(笑)。タイ語は進行形や過去形があまりないので、話すのは意外と簡単なんですよ。

MC:本日は“タイマスター”のワッキーさんがMCをしてくれるということで、大変頼もしく思っています。

ワッキー:いや、僕はにぎやかしで来ているので、そんな大役は出来ないです。

MC: 『ミー・マイセルフ 私の彼の秘密』監督のポンパット・ワチラバンジョン、主演俳優 アナンダ・エヴァリンハムさん、『メモリー?君といた場所?』主演女優 ポーラ・テイラーさんの登場です。

アナンダ:(日本語で)ワタシハアナンダデス。キョウハワタシノタンジョウビデス(観客から大きな拍手)。(ワッキーに)プレゼントハ?

ポーラ:(日本語で)ハジメマシテ、ポラーデス。ドウゾヨロシクオネガイシマス。

ポンパット監督:私は日本語が出来ないので、タイ語でご挨拶をします。私はポンパット・ワチラバンジョンです。

ワッキー:監督は音楽もやっているんですよね。

ポンパット監督:そうです。監督も俳優も音楽もやっているので、どれが自分の本当の職業なのか分からない感じです。

アナンダ:朝は監督、夕方は俳優、夜は歌手と本当に忙しい方です。

ワッキー:僕と一緒です(笑)。


MC:タイの才能溢れるトップスターの方々がいらっしゃるのですから、ここでワッキーさんのタイ進出化計画を実現させてみたらどうでしょうか。


ポンパット監督:お待ちしています。タイだったら主演俳優間違いなしです。

ワッキー:聞きました!主演俳優ですよ。日本で1本もドラマに出たことがないのに(笑)。

アナンダ:出演料はただでお願いします。

ワッキー:ただでも全然いいですよ!

ワッキー:タイでは有名ですが、日本では皆さん、これからの方々ですので、僕が皆さんの応援団長になりたいんです。

アナンダ:マネージャーになってください。

ワッキー:OK!日本で僕にはそれぐらいの力があります。

アナンダ:分かります。信じています。

ワッキー:そういうオーラがあるでしょう!

アナンダ:一目ですぐ分かります。

ポンパット監督:ワッキーさんのお顔を見て、金城武を思い出しました(会場爆笑)。

ワッキー:よく言われるんです。(タイ語で)本当ですか。僕は格好良くないので、嬉しいです。


MC:ワッキーさんの顔はタイではモテ顔なんですか。


ポーラ:一目ぼれです(会場爆笑)。

ワッキー:指輪を外してもいいですか。


MC:ワッキーさんは、どうしてそんなにタイ語が話せるのですか。


ワッキー:僕はこの世界に入る15、6年前にタイ料理やでバイトをしていたんです。昔はもう少し上手かったのですが。

アナンダ:タイ人の彼女がいたと聞いたのですが。

ワッキー:好きな人がいたんです。12歳年上で、その人と話したくて話したくて、タイ語を覚えたんです。これを映画化してくれませんか。

ポンパット監督:自分で主演したいのですか。

ワッキー:はい。

ポンパット監督:本当に自分で主演したいのですか。もしワッキーさんが主演なら、主演女優を探すのが難しいですね。

ワッキー:(ポーラを指し)そこにいるじゃないですか。ポーラさんは日本でもお仕事をしているんですよね。

ポーラ:雑誌のモデルなどをやっています。毎月、日本には来ています。日本ではディズニーランドが楽しかったです。


MC:ワッキーさん、最後の質問になります。『ミー・マイセルフ 私の彼の秘密』について、タイ語で質問をしていただけますか。


ワッキー:もうそんな時間ですか。実は打ち合わせではアナンダとたくさん話してくれと言われていたのですが、ポーラさんとばかり話してしまいました。僕はまだ観ていないので、何を聞けばいいのか・・・。

アナンダ:ワッキーさんは気に入っていただけると思います。僕はこの作品で女性の役を演じています。ひげを剃って、女装をするとすごくきれいだと自分でも思いました。

ワッキー:ああそうかもしれない。でも、女好きというのがすぐに分かったんですね。


MC:役作りでの苦労は。


アナンダ:女性の下着を着けなければならず、それが痛くて、苦痛でした。

ワッキー:それは●●●●ですね。

ポンパット監督:僕なら、痛くないよ(笑)。


MC:監督、この作品を作ろうと思ったきっかけは。


ポンパット監督:『ミー・マイセルフ 私の彼の秘密』は私にとって初めての監督作品です。ゲイやオカマと呼ばれる人々には社会的な問題となっている方もいると思います。そういった方々の立ち位置に注目して、この作品を撮ろうと思いました。実は、ゲイの方々は格好良い顔をしているのに、どうして女装をするのだろうか。もったいないなと感じることもありました。

ワッキー:今は市民権を受けている方々も多いですよ。

アナンダ:ワッキーさんはどうしてカミングアウトしないのですか(笑)


MC:最後にご挨拶をお願いします。


アナンダ:皆さん、応援していただき、ありがとうございます。来年も〈タイ式シネマ☆パラダイス〉が開催されることを願っています。

ポーラ:皆さん、〈タイ式シネマ☆パラダイス〉、タイの映画に興味を持っていただき、ありがとうございます。また来年も開催されることを願っています。

ワッキー:(タイ語で)今日は契約をしたので、僕はタイのスターになります。

アナンダ:ワッキーさんが来たら、僕の仕事が少なくなっちゃうな。

ワッキー:皆さん、タイの映画は本当に面白いので観てください。韓流よりもっとすごいタイ式のブームが着たら良いなと思っているので、応援していきたいと思います。



関連サイト