『卑劣な街』チョ・インソン舞台挨拶 in シネマート六本木2回目

内容

8月25日(土)、『韓流シネマ・フェスティバル2007』オープニングゲストとして来日を果たした、『卑劣な街』主演のチョ・インソンがシネマート六本木での本作上映後に舞台挨拶を行った。舞台挨拶のチケットを入手できなかった多くのファンに見守られるなか会場入りしたチョ・インソンは、本作中とは別人のような優しい笑顔でファンの声援に応えていた。

舞台挨拶では、観客からの突然の質問にも快く応えるチョ・インソンの姿が印象的だった。

ここでは、シネマート六本木にて本作の上映前に行われた舞台挨拶の模様をお伝えします。


ヤクザ役を演じると言うこと話題になったのですが、多くの作品の中でこの役をやりたい、この作品に惹かれた理由は何ですか?


この映画をヤクザ映画としてとらえてらっしゃる方が多いかと思いますが、見終わっていただけるとそうではないということが分かっていただけると思います。この映画で描かれているのはある一人の男性の青春です。映画ですから劇的な状況を演出するために組織暴力団の人が出てくるんですが、そのことを外せば、私たちと同じ人生を生きている人間の姿が描かれていることが分かると思います。その気持ちでとりました。

この会場にいる方、初めてでは無い方もいると思うのですが、初めてご覧になる方。・・・・すでに観た方は隣の人に結末を知らせないようにしてください。知らせない方がきっと楽しめると思います。


ビョンドゥという人物ですが、この役柄をどのように感じどのように演じようと思いましたか?


ビョンドゥという人物を説明するのは本当に難しいんですね。というのは、この映画を撮っている間は、自分はビョンドゥだと思って演じていたからです。自分はどういう人ですかと聞かれて、自分のことを説明できないのと同じようになかなかこのキャラクターを皆さんに説明するのは難しいことなんですね。実際に一年半前まではビョンドゥだと思って生きていまして、その後はチョ・インソンという一人の俳優に戻ったんですけれど、そういう過程がありますので、どうか皆さん、ビョンドゥという人間はこういう人物だということは、見終わった後に皆さんが決めてくれれば嬉しいと思います。


ユ・ハ監督は、当初チョ・インソンさんが礼儀正しい方なので、この役大丈夫かな?ということを考えられたそうですが、監督とはどのような演出などの打合せをされましたか?


今回は非常に激しいアクションシーンがでてくるんです。実はこの映画に出る前の僕自身に対するイメージがあったと思いますので今回は今までのイメージを打ち破りたいとおもってあえて残酷なシーンを撮った部分もあります。前半の方に、監督と一緒に撮ったアクションシーンがありますので、そのアクションシーンを見終わった後にすんなりと映画に集中できるのではないかと思います。


渾身の演技の甲斐があって、大韓民国映画大賞での主演男優賞を受賞。ビックリされていましたが、ご自分でも予想されていませんでしたか?


逃げたかったです(笑)
俳優として主演男優賞は夢のひとつでした。ボクは若い頃から映画俳優になりたいという気持ちがありましたのでこの賞を頂いたときは本当に気分が良かったです。でも自分はまだまだ完成された俳優だとは思っていません。完成に向けてどんどん突っ走っている俳優だと思っていますので、賞を頂いたときもその後の一週間はとても嬉しくて喜びに浸っていたのですが、今は出来るだけ賞を頂いたことを忘れる努力をしています。そして完成に向かってどんどん近づきたいと思いますし、最初よりも最後が美しい俳優になりたいと思っています。
(通訳が終わると同時に日本語で)「あ?そうですね?」


会場からは「かわい?」という声が飛んでいましたが、すごく男っぽい魅力が増したなと思うのですがいかがですか?


ボクはもともと男でしたよ(笑)。
特に男らしく見せようという努力はしていないんですね。きっと歳月、時間というものが自分を男らしくしてくれると思いますので、時間の力、歳月の力に任せたいと思います。


(会場より)2ヶ月前の受賞の時よりやせたと思うのですが、どうやってやせたのですか?


家で一生懸命遊んでいたら痩せていました(笑)
あなたは、お仕事をされていますか?


(会場)していないです


あ?、だから二ヶ月前より痩せた感じがします(笑)
何か特別な方法でもあったんですか?


(会場)チョ・インソンさんのDVDを毎日観てました。


(日本語で)「あ?そうですね?」


次回作でもユ・ハ監督とタッグを組むそうですが、どんな作品でどんな役柄でしょうか?


はい、ジャンルとしては時代劇で高麗時代の歴史の事実に基づいた作品になる予定ですが、まだシナリオが出来ていないので皆さんにご説明できるのはこのぐらいしか無いんです。いまこの場で監督に電話して聞いてみましょうか??
どのような作品になるのか聞いて、皆さんにご説明できる日が早く来れば良いなと思います。


シナリオのない状態で出演を決めたという点でも、ユ・ハ監督との信頼関係が伺えます。ユ・ハ監督は神経質な方だと伺っていますが撮影中は大変ではありませんでしたか?


ユ・ハ監督は、韓国では有名な詩人でもあるんです。ですので現場でもその都度その都度シネリオが変わるのです。現場に行くと、台詞を覚えるので忙しくなってしまうんです。
先程も少しお話ししましたが、私は完成された俳優ではありませんので、そういう立派な監督、立派な作家の方と一緒にお仕事をすることで色々と学べる点があると思います。そういう方々から色々と学んで演技をすることが、完成された俳優になる近道だと思います。

あまり皆さん期待しないでくださいね。いうのも、期待というのは映画一本を観るときにもしかしたら一番大きな敵になってしまう事もあると思うので・・・その反動でがっかりする事もあるので。ですので、あまり期待せずにありのまま映画を観て欲しいと思います。
見守っていただければ嬉しいなと思います。


最後に、映画をご覧になる皆さんにチョ・インソンさんから見どころを!


どんな作品を撮るときもそうなのですが、この作品が自分にとって最後の作品になるという意気込みで映画を撮っています。今回の卑劣な街もそうですし、次回作もそうなると思います。今後、出演する作品全てに於いてそういう気持ちで情熱をもって仕事をしていきたいと思います。ですので、少し演技が未熟なところがあっても、ボクの情熱を分かっていただければ嬉しいです。
そして僭越なことですけれども、今日はボクが特別に招待した方が会場にいらっしゃいます。日本で、本当に楽しい漫画を描かれている先生です。

(ここで高橋ツトム先生挨拶)

個人的に大ファンです!

この映画の中でお酒を飲んで、歌を歌っているシーンがあります。そのシーンは是非観ていただきたいと思います。




関連サイト