『卑劣な街』チョ・インソン舞台挨拶 in シネマート六本木1回目

内容

8月25日(土)、『韓流シネマ・フェスティバル2007』オープニングゲストとして来日を果たした、『卑劣な街』主演のチョ・インソンがシネマート六本木での本作上映後に舞台挨拶を行った。舞台挨拶のチケットを入手できなかった多くのファンに見守られるなか会場入りしたチョ・インソンは、本作中とは別人のような優しい笑顔でファンの声援に応えていた。

ここでは、シネマート六本木にて本作の上映後に行われた舞台挨拶の模様をお伝えします。作品をご覧になった方対象の舞台挨拶ですので、作品内容・結末などにも触れられていますのでご注意下さい。


まずチョ・インソンさんからご挨拶をお願いします。


(日本語で)はじめましてどうぞよろしくお願いします。チョ・インソンです。
皆さんにお会いできてとても嬉しいです。皆さん、ボクが死んだと思っていましたよね。こうやって生きて皆さんにご挨拶できることが本当に光栄です。映画は楽しんでご覧いただけたでしょうか?気になってます。(大きな拍手)これが皆さんにとって良い想い出になって、この想い出をお家まで持ち帰っていただければと思います。ありがとうございます。


撮影中の大変だったエピソードなどをお聞かせ下さい。肉体的にアクションシーンが大変だったことが伺えるので、出来れば気持ちを作る上で精神的に大変だったことなどがあれば教えてください。


この場にいらっしゃった皆様は、「卑劣な街」初めてでは無いですよね。初めてご覧になったかたは手を挙げてください。
(予想より挙手が少なかったことに)うそ?!

今回、本当に肉体的に大変でした。特に泥まみれになってアクションシーンをとったときは本当に大変で、インチョンの橋の下あたりでとったシーンなんですけれど、ワゴン車を壊すシーンがあったんです。あのワゴン車は本物のクルマだったので、本当のクルマのガラスを割ったんです。破片を浴びながら撮影していて大変でした。精神的に大変だったのは、死に方をどう見せるか、死に様の描き方。刃物に刺されて死ぬわけですが、どういう風に見せればいいのかとても気を遣いながらとっていました。あと、ラストシーンのところですね。あのシーンも非常に気を遣いながら撮影していました。


今回はユ・ハ監督とお話しをしながら役を作っていったと言うことなんですが、一緒に作業をしながら、自分ってこういう部分もあるんだなと発見したところなどはありますか?


借金を取りに行ったときにパンツ一丁になったシーンをとったときには、自分にもこんな姿があるんだなと、まあ恥ずかしい思いだったんですが、ベストを尽くして撮影しました。

(会場からは大きな拍手)


そんな渾身の演技もあって大韓民国映画大賞でも主演男優賞を受賞されましたね。受賞された瞬間、凄く驚いて顔がこわばっている表情が印象的でしたが、あのときの気持ちはいかがでしたか?



賞を頂いたときのことを思うと今でもときめくようなそんな気持ちです。実は主演男優賞を取るのが夢だったんです。こんなに早く受賞できるとは思わなかったので・・・夢が実現したからといってこれからは演技を頑張らないという事ではなくて逆にもっともっとベストを尽くして頑張らなくてはいけないと思っています。自分は完成を目指して突き進んでいる俳優だと思っていますし最初よりも最後に輝ける俳優になれるよう努力していきたいと思います。


最後に次回作の予定なども伺いながら、観客の皆さまに一言。


次の映画は早ければ来年の二月?三月あたりに撮影に入る予定です。
今回に引き続いてユ・ハ監督と一緒に撮る予定になっています。この卑劣な街と同じぐらいまた立派な映画が出来るように努力していきたいと思います。ジャンルは時代劇になりまして、高麗時代の歴史の事実を基本として作られる時代劇なんですが、こちらの方にも皆さん大きな期待と関心を寄せてください。

皆さん今日は良い想い出が出来たでしょうか?これからも日本に来たいと思います。ボクのことを応援してくださっているファンの方、韓国映画のファンの方のために良い想い出が作れるようにまた日本に遊びに来たいと思います。皆さん気をつけてお帰り下さいね。また、今日は土曜日ですので、帰りがてらおいしいお食事を食べて帰るのもよいのではないかと思います。


時間が少し残っていますので、もう一つお聞きします。この日本滞在で、チョ・インソンさんなりに良い日本の想い出は出来ましたか?また、出来そうですか?



プライベートで来たときの方が沢山の想い出が作れますね。今回は東京の滞在時間も短くてタイトなスケジュールなので、昨日などはずっとホテルにいて食事の時だけ唯一外に出たぐらいだったんです。次にいつ来られるか分からないですが、皆さん道ばたであったら、私のこと知ってる?っていう風に声をかけてください。この中に道ばたで見かけたことのある人がいるんじゃないかと思うんですが・・・じゃあ次からは隠れて歩きたいと思います。隠れて歩くので皆さん探して歩いてくださいね。(会場からは「え??!」の声)ありがとうございました。




関連サイト