イントロダクション

この世のどんな美しい花もすべてゆれながら咲いたのだ

邦題となった「ゆれながら咲く花」は、ドラマに登場するト・ジョンファンの〈詩〉のタイトル。ドラマの中で印象的に引用されるこの詩には、大きなメッセージがこめられている。花=成長していく生徒や教師たち、そして誰もがもがきながら、悩みながら、成長していく……一度もゆれずに(迷ったり挫折せずに)美しく咲く(成長する)花(人)はどこにもいない

 2013年、韓国ドラマ界に新たな風が吹いた!
1999年から2002年まで放送されたドラマ「学校」。コン・ユ、チャン・ヒョク、キム・レウォン、チョ・インソン、ペ・ドゥナら多くのスターを輩出した伝説的作品の5作目として、約10年ぶりに制作されたのが「ゆれながら咲く花(原題:学校2013)」だ。本作では今の学校が抱える問題をリアルに描くことに重点を置き、アイドル中心の学園ドラマではない、大人も楽しめる作品を生み出した。
 ぶつかり合いながら前進していく担任教師を演じるのは、チャン・ナラとチェ・ダニエル。2011年の「童顔美女」に続いての共演となり、息もぴったり。生徒役には「シークレット・ガーデン」のイ・ジョンソクと「紳士の品格」のキム・ウビン。心に傷を隠し持つ男子学生を熱演し、本作をきっかけに一躍人気者に。今、最も旬な若手俳優として注目されている。ほかにも「シンイ−信義−」のパク・セヨンや、K-POPグループF-VE DOLLSのヒョヨンなど、フレッシュなキャスト陣に注目!
 非常勤の国語教師としてスンリ高校に勤務するチョン・インジェ(チャン・ナラ)は、休職した前任教師の代わりに2年2組の担任を受け持つことに。全校で成績トップの生徒と最下位の生徒、優等生と不良学生が混在する2年2組には問題が山積みで、学級崩壊寸前……。それでも生徒が抱える家庭の事情や悩みに正面から向き合おうとするインジェだったが、ある日、塾の人気国語講師カン・セチャン(チェ・ダニエル)が新任教師としてスンリ高校に赴任。
 インジェとともに2年2組の共同担任を務めることとなり、生徒の人間的成長を重視するインジェと成績主義のセチャンは対立する。一方、2年2組で他の生徒と一定の距離を保っていたコ・ナムスン(イ・ジョンソク)。不良番長のオ・ジョンホ(クァク・ジョンウク)にも適度に従い、目立たないように努めていたが、クラス投票で委員長になってしまう。そのうえ謎の転校生パク・フンス(キム・ウビン)の登場で、ナムスンの隠された過去が徐々に明らかになり……。