レポート・インタビュー
スタッフインタビュー

今回のスタッフインタビューは、「師任堂(サイムダン)、色の日記」で脚本を担当したパク・ウンリョン作家。現代と朝鮮時代が絡み合う構成についてや、イ・ヨンエさんのキャスティングについてお伺いしました。

<プロフィール>
パク・ウンリョン (脚本家)
率直でリアルなセリフにより重く感じやすい不倫を愉快に描き“おばさんドラマ”の革命とも言われた「お向かいの女」で注目を浴び、次作の「二度目のプロポーズ」では最高視聴率38.7%を記録。一気にスター作家となる。作品を通じて“母”の物語を描くことに定評があり、徹底した研究を通じて生み出したリアルな描写と心に響く筆力を持った脚本家。

第1回:2017.4.20掲載
第2回:2017.4.21掲載

脚本家 パク・ウンリョンさんインタビュー#2


― 本作の執筆過程でのエピソードがあれば教えてください。

事前取材のために行ったトスカーナで、第1話に登場する、美人図が入っていた押入れを発見した時のことです。

実は、一緒に行ったスタッフも皆、そこまで気にしていなかった押入れだったんです。一見、それは押入れではなく、絵が書かれているただの壁に見えたので。でも、現地案内をしてくれた方が最後部屋を出るときに、私だけにそっと扉を開けてみせてくれたんです!

押入れの中を見た瞬間、これだ!これは美人図が発見されるのに最適な場所だ!と確信しました。



― サイムダンとイ・ギョムの純愛がものすごく心に残りました。特に、眼で感情を表現するシーンが多いように思いました。脚本の中でも眼については細かく描写されていましたか?

はい、勿論です。台本には詳細まで全部細かく書きます。その台本にイ・ヨンエさん、ソン・スンホンさんの熱演が足され、より素敵なものになったのだと思っています。


― サイムダンとジユン、逆境に負けず生きる2人の女性を通して伝えたかったメッセージは何ですか?

"人生を選択せよ"..."amor fati"に似た概念だと思います。あるがままの運命を受け入れ順応して断念するのではなく、積極的に受け入れ、そして主体的に生きましょう!という意味です。それは、本作のテーマでもあります。


― 本作をはじめ、パク・ウンリョンさんは大人になった女性の生き方について描いた作品が多いです。
脚本家からみて、大人になった女性たちの人生のどんなところに魅力を感じていらっしゃるのでしょうか?

人生を長く生きたお姉さんたちの貫禄?哀れみが入ったヒューマニズムですかね(笑)。

― 最後に日本のファンに、メッセージをお願い致します。

個人的な話になりますが、私の姪の夫が日本人でして、彼はとても誠実で素敵な青年です。茨城県の大子町で開かれた結婚式には私も参席したのですが、袋田の滝にも行ったりと、とても楽しい時間を過ごしました。

そんな姪の夫は「宮廷女官チャングムの誓い」を見て韓国に興味を持ち始め、韓国語も勉強したと聞きました。
その後、駐在員として韓国に来ることになり、本格的に韓国語の勉強を始めた時に姪と出会って結婚したそうです。
つまり、イ・ヨンエさんのおかげで2人は結ばれたとも言えます(笑)。

これから私が書く全てのドラマがどうか日本の方々に愛されますよう祈り、そして韓国と日本の間に良い縁が多くできますようにと祈ります。

**********

「師任堂(サイムダン)、色の日記」 
●予告編



●ブルーレイ/DVD情報

「師任堂(サイムダン)、色の日記」<完全版>ブルーレイ&DVD
BOX1:4月28日(金)
BOX2:5月26日(金)
BOX3:6月23日(金)
BD:21,000円+税/DVD:18,000円+税

★BOX3に封入されたガイドブックレットにもパク・ウンリョン作家のインタビューが収録。特典ブックレットでしかよめないエピソードもあります!

発売元:
セル販売元:エスピーオー

<完全版>レンタルDVD
5月2日(火)より順次レンタル開始
※スペシャル・エディション版
レンタル発売・販売元:カルチュア・パブリッシャーズ

「師任堂(サイムダン)、色の日記」©Group Eight