歴史をより深く!
「師任堂」がより楽しめる歴史豆知識

「師任堂(サイムダン)、色の日記」を見るうえで、この歴史をしっているともう1歩深くドラマを楽しむことができる。そんな豆知識をご紹介します。

朝鮮時代の身分制度

朝鮮時代には、すべての人々を良民と賤民に区別する良賤制が規定されており、16世紀以降は
・両班
・中人
・良人(後に常人)
・賤人

の4つに身分を分類しました。

申師任堂は両班の家に生まれました。
両班は文班と武班を合わせた名称で、朝鮮時代初期には人口の3%ほどを占め、朝廷の要職を独占しました。

その下の中人が、医官や下級官吏で、良人には農民・商人・職人が、賤人には官庁などに隷属した奴婢や、僧侶・妓生などが属しました。


文・キネマ旬報社(担当:アジアチーム 岡崎暢子)

アジアチームでは『韓国テレビドラマコレクション2017』『韓国ドラマで学ぶ韓国の歴史2017年版』など、韓国関連出版物のほか、『台湾エンタメパラダイス』『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』など華流関連出版物も刊行。最新刊『韓国テレビドラマコレクションプラス』では、韓国ドラマをゆっくりじっくり楽しみたい大人のためのムックとして、「師任堂(サイムダン)、色の日記」などドラマ紹介を中心にバラエティや料理レシピ、コラムなど幅広く紹介。全国書店で発売中

「「師任堂」がより楽しめる歴史豆知識」バックナンバーはこちら