歴史をより深く!
朝鮮時代とは

1932年に武将・李成桂が建国してから500年以上、朝鮮半島を治めた国家・朝鮮王朝。東アジアでも珍しいこの長い王朝の誕生と消滅までを、かいつまんでご紹介します。


第1回:朝鮮王朝の幕開け         (2017.1.24更新)
第2回:権力を巡る争いと2度の「倭乱」    (2017.1.25更新)
第3回:新政策を取り入れ、内政安定を図る  (2017.1.26更新)
第4回:「勢道政治」と混乱する朝鮮王朝    (2017.1.27更新)

第4回:「勢道政治」と混乱する朝鮮王朝

1800年に正祖が亡くなると、11歳の幼い純祖が第23代王に就き、国政は英祖の妃である貞純王后が代行。反対勢力の粛正、厳しいカトリック弾圧を行います。
正祖に起用されていた実学者らも処刑・追放され、純祖の外戚・安東金氏による「勢道政治」(勢力を握った一族が国政を左右する政治)が始まります。


この勢道政治は第25代王・哲宗の代まで続き、その結果、政治は甚だしく乱れます。

繰り返されるカトリック弾圧は諸外国の反発を引き起こし、フランス、アメリカ、ドイツの来航、襲来を経験することになります。

哲宗の死後、第26代王となった高宗も幼く、政治は父の興宣大院君が行い、大院君の失脚後は高宗の外戚・閔氏とその一族が権力を握りました。

高宗(「朝鮮ガンマン」より)

この時期の朝鮮は列強諸国や日本から開国・通商の圧迫を受けていました。国内では、開化派保守派の対立が激化。閔妃一族は清軍を介入させて保守派の反乱を鎮圧。


1894年に勃発した日清戦争で勝利を収めた日本は、朝鮮から清の勢力を排除し、内政改革に乗り出しました。これに反発した閔妃(明成皇后)らはロシアと手を結び、日本を牽制しようと試みますが、1895年にはその閔妃も謀殺されます。

高宗は暗殺を恐れてロシア公使館に身を避けた後、1897年に国号を「大韓帝国」に改め、自らを皇帝と称します。

その後、1904年の日露戦争でも勝利を収めた日本が大韓帝国の併合を推し進め、1910年に併合されます。


ドラマ「名家の娘ソヒ」は、朝鮮時代末期から日本の植民地時代にいたる激動の時代が背景に描かれている。

文・キネマ旬報社
『韓国テレビドラマコレクション2017』『韓国ドラマで学ぶ韓国の歴史2017年版』

※画像の注釈・「師任堂(サイムダン)、色の日記」宣伝スタッフ

「師任堂(サイムダン)、色の日記」©Group Eight

「朝鮮時代とは」バックナンバーはこちら