コラム
鑑賞コラム

BSフジにて放送がスタートした「師任堂(サイムダン)、色の日記」。
この放送に併せ、鑑賞コラムを掲載!
ライター高橋尚子さんが、より深く・より楽しく「師任堂~」を味わうためのポイントを、毎話放送後にお届けしていきます。

※コラムはその日放送された回の内容に触れています。まだご覧になっていない方はご留意ください。
※話数は、BSフジ放送版(全44話)です。


Text:高橋尚子(ライター兼編集者)
韓流ブーム初期から雑誌や書籍で原稿を執筆。
2005年には「韓国TVドラマガイド」(双葉社)を企画・創刊し、現在まで責任編集(執筆含む)を担当。
DVDのオフィシャルライターとしても「宮〜Love in Palace」「トキメキ☆成均館スキャンダル」「シンイ−信義−」「仮面」など、多くの作品に関わってきた。王道の胸キュンロマンスを得意とし、「イルジメ[一枝梅]公式応援ブログ」などWEBでの原稿執筆や、韓流トーク番組「どっぷり衛星劇場」のコメンテーターとしても活躍中。

第4話<BSフジ放送版>

 冒頭、現代編のジユン&ミンソク夫婦の言い合いは、お互い自分のことで手いっぱいで相手のことを思いやるところまで気が回らない状態で、なんだか「夫婦あるある」だなぁと思ってしまった次第。
夫婦に限らず、恋人でも、何かちょっとしたことを機に、上手く回っていたことが崩れ始め、連鎖するように大きな亀裂ができていくことがあります。
どちらが悪いのでもなく、いやどちらも悪かったりして、すれ違ってしまう。

で、こういったイヤな出来事の連鎖は、
朝鮮版のサイムダン&ギョムの初恋にも次第に忍び寄ってくるのです...。


 さて、今回も引き続き朝鮮時代パートは、2人の初恋時代。

「風になって、どこにでも自由に行きたい」と話すサイムダンに、
「私から離れても平気なのか?」
とすねつつ、

「夫婦になって一緒に行こう。1人で行くな、他の誰ともダメだ。同行するのは私だけだ」

と、さりげなくプロポーズしてしまう少年ギョムが、なんとも初々しい(笑)。

そんなギョムの渾身のプロポーズにサイムダンの答えは、
「金剛山も...。金剛山だけは必ず行きます!」
...って、プロポーズの答えにちっともなっていない気がしますが(苦笑)。

2人の間を繋いだのが、アン・ギョンが描いた金剛山図であり、それが現代のジユンに大きくかかわっていく展開が興味深いです。

ちなみに、劇中でも語られているように、金剛山は当時、女人禁制の場所でした(日本の金剛山は女人禁制ですが)。
そういった場所にも、ギョムなら一緒に連れて行ってくれるかもしれない...
サイムダンにとって、ギョムとはそういった世界を広げてくれる存在に映っていたのでしょう。

加えて、王族の結婚には王の婚書が必要なのに、書いてもらえなかったからと、自分で書いてサイムダンの父親に持っていくギョムの自由奔放さもよく、いかにも常識の枠にとらわれない自由人カップルという感じです。

彼らが結婚でもしていたなら、世紀のアバンギャルド夫婦になっていたかもしれないなぁと思いを馳せてしまいました。


 そんな2人を見て、微笑ましく思う王様・中宗ですが、なにせ演じているのは、現代編のミン教授と同じチェ・ジョンファン。


もうどんなに品があって、どんなに素敵な贈り物をくれても
何かあるのでは?と疑いの目しか抱けません(笑)。


 そして、この回、なにげにポイントが高かったのは、
現代パートのサンヒョン(少年ギョムと同じく、演じるのは新鋭ヤン・セジョン)。

漢文ぺらぺらでサイムダンの日記をすらすらと訳し(英語やフランス語のようないかにもな外国語ではなく、"漢文マスター"という点がちょっとツボ♡)、借金取りに脅されるジユンたちの前に現れ、機転をきかせて助けるという"年下王子様"ぶりもよく、今後の展開にどう絡んでいくるのか、思わず期待してしまいます!

===============

<放送情報>
●BSフジ 放送中! 
毎週(月)~(金) 14:59~16:00 
【公式サイト】

●LaLaTV 8/21(月)~
毎週(月)~(金) 13:30~
【公式サイト】

<DVD情報>
●セル

ブルーレイ/DVD-BOX1~3(完) 好評発売中!
ブルーレイ)21,000円+税  DVD)18,000円+税

映像特典:メイキング/インタビューほか
封入特典:ガイドブックレット

●レンタル
DVD第1~25巻(完)好評レンタル中!

発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー
販売元:エスピーオー

©Group Eight

「鑑賞コラム」バックナンバーはこちら