コラム
鑑賞コラム

BSフジにて放送中の「師任堂(サイムダン)、色の日記」。
この放送に併せ、鑑賞コラムを掲載!
ライター高橋尚子さんが、より深く・より楽しく「師任堂~」を味わうためのポイントを、毎話放送後にお届けしていきます。

※コラムはその日放送された回の内容に触れています。まだご覧になっていない方はご留意ください。
※話数は、BSフジ放送版(全44話)です。


Text:高橋尚子(ライター兼編集者)
韓流ブーム初期から雑誌や書籍で原稿を執筆。
2005年には「韓国TVドラマガイド」(双葉社)を企画・創刊し、現在まで責任編集(執筆含む)を担当。
DVDのオフィシャルライターとしても「宮〜Love in Palace」「トキメキ☆成均館スキャンダル」「シンイ−信義−」「仮面」など、多くの作品に関わってきた。王道の胸キュンロマンスを得意とし、「イルジメ[一枝梅]公式応援ブログ」などWEBでの原稿執筆や、韓流トーク番組「どっぷり衛星劇場」のコメンテーターとしても活躍中。

第12話<BSフジ放送版>

ひもじさに負けて、子供たちが干し柿を盗んだことを知ったサイムダンは、家族皆を連れて、ダメ亭主が家を手放して買った土地を訪れます。

何の役にも立たない土地だと募る不平をぶちまける子供たちに、
「何もないところから始めること、何もないところから何かを作り出すこと」
の素晴らしさ、未来を描くことを話しきかせる姿が印象的です。

一方、ギョムの古くからの友人で中部学堂(要は小学校のような教育機関)の教官を務めるペク講師は、良家の子息ばかりが通う中部学堂の知識を詰め込むだけの教育事情をなげき、
「一緒に遊んでやってくれ。外の世界を見せてやろう」
と、ギョムに教鞭をとらないかと誘いを持ちかけます。

自由奔放なギョムが「学力至上主義」の世界に風穴を空けることができるのか?

「外の世界を見せてやる」という言葉には、
サイムダンが子供たちに実践している教育と同じ香りを感じ、今後の展開が気になります。


そんな中、
サイムダンとギョムは中部学堂で遭遇し、
そこに居合わせたフィウムダンが思わず顔を伏せるという一幕が。


今後、再び絡み合うだろう3人の因縁に思わず緊張。

一瞬かたまりつつも、何も知らぬ人のようにギョムの横を通り過ぎるサイムダンですが、
その後、20年前の思い出を蘇らせていたりして......。
一方のギョムも、サイムダンの冷たい態度に苛立ちを感じつつも、同じように過去を思い返していたりして。

2人ともいまだ忘れられずにいることを改めて感じるわけです。


そして、中部学堂ではフィウムダンを長とする保護者の会「姉母会」が幅をきかせております。
今でいうモンスターペアレント、教育ママたちの会、面倒な勢力です。

あぁいつの時代も変わらないのね......

と思いつつ、ギョムやサイムダンがこの面倒な保護者集団をぎゃふんと言わせてくれることを期待してしまう自分がおります(笑)。


===============

<放送情報>
●BSフジ 放送中! 
毎週(月)~(金) 14:59~16:00 
【公式サイト】

●LaLaTV 8/21(月)~
毎週(月)~(金) 13:30~
【公式サイト】

<DVD情報>
●セル

ブルーレイ/DVD-BOX1~3(完) 好評発売中!
ブルーレイ)21,000円+税  DVD)18,000円+税

映像特典:メイキング/インタビューほか
封入特典:ガイドブックレット

●レンタル
DVD第1~25巻(完)好評レンタル中!

発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー
販売元:エスピーオー

©Group Eight

「鑑賞コラム」バックナンバーはこちら