エピソード

「ミニョンのことはあきらめた」とジュナに告げるスヨン。隠れて盗み聞きしていたミニョンは涙をこぼす。だが、それはスヨンの芝居だった。やがてスヨンは与野党の対立解消案という名目で‘密室恋愛推奨法‘なる法案をミニョンに提出。「側近さえも欺いて僕と秘密の恋愛をする覚悟が決まったらその書類にサインして」と言う。
数々のトラブルを乗り越えてスヨンとの待ち合わせ場所に到着したミニョン。2人は握手して秘密恋愛をスタートさせる。その後、母の墓参りに行ったスヨンは大韓国党のコ代表とばったり。スヨンはコ代表の隠し子だったが、父子の間には葛藤が…。さらに恋のライバル、ジュナが気になるスヨンは、それが原因でミニョンと喧嘩になる。
2人の仲がスヨンの秘書のサンスにばれた!「今はスリルを楽しもう」と開き直る2人だが、アン記者の作戦にはめられ「自分のほかに好きな人がいるのでは?」と互いを疑い始める。そんなとき茂朱(ムジュ)で開かれた地域セミナーに出席した議員一行。ミニョンが泊まる部屋にスヨンがいると突然アン記者が来て絶体絶命のピンチに!
茂朱(ムジュ)での登山中に議員団とはぐれ、雨宿りしたスヨンとミニョン。アン記者は2人がキスしているところを見てしまう。その後ソウルに戻ったスヨンはいきなりジュナに殴りつけられ、スヨンの自宅に招かれたミニョンは、スヨンの淋しい生い立ちを聞いて思わず胸がキュン。そんなときミニョンにスキャンダルが勃発する!
姪のボリが通う進学塾を巡るスキャンダルで怒った国民から「裏切り者」と呼ばれるミニョン。スヨンは大韓国党の報道官という立場からミニョンを非難するふりをするが、それが裏目に出てミニョンはさらに窮地に追い込まれてしまう。ストレス解消のためデートする2人は、お互いの違いをあらためて思い知ることになり…。
相次ぐ中傷記事に疲れはて「私たち、別れましょうか?」と言い出すミニョン。一度は同意したスヨンだがやはり別れられないと思い直し、指輪をプレゼントする。ミニョンの補佐官を辞職したジュナは本業の弁護士に復帰。やがて政界では、保身のためにスキャンダルを暴露しあう醜いリーク合戦が繰り広げられ、国会は大混乱に!
2人が秘密恋愛の公表を決意した矢先、暴露記事がネットに流れた。マスコミが大騒ぎするなかラジオ番組でミニョンへの想いを真摯に語るスヨン。だが支持者たちの怒りは収まらない。自分が政治家であることそのものが幼いボリを苦しめていたと知ったミニョンはついに辞職を決意。さらにスヨンの出生の秘密を知ってしまい…。
議員を辞めスヨンと別れたミニョンは海外に留学。2年後、無所属で出馬したスヨンは見事再選を果たす。自宅のTVで速報を見るミニョン。その後2人は喫茶店で再会するが、それは2人の復縁を願う議員のドンスクや補佐官たちが仕組んだ偶然だった。別れ際に「これからもこんなふうに会いたい」と言うスヨンにミニョンの答えは…。