Episode

医大性のコ・ウンビ(ク・ヘソン)が、内科医よりもなりたいもの・・・それは、ミュージカルスター!!

医学用語はミュージカルナンバーに合わせ暗記、シュバイツァーより、最高のミュージカル女優ペ・ガンヒを尊敬するウンビは、ついにテグにいる父に知られぬよう医大を休学し、ミュージカルのオーディションに挑戦する毎日を送るように。もちろん華やかなミュージカルの世界に入るのは簡単ではなく、落選続き。それでも、持ち前の情熱と根気強さで、どこまでも前向きで明るいウンビの前に、ある日、ブロードウェイ出身の天才ミュージカル作曲家で音楽監督のホン・ジェイ(チェ・ダニエル)が現れる。
ウンビはコンプレックスだった声をほめてくれたジェイに、ときめきを感じるのだが・・・

第1話 ミュージカル好きの医大生

医大生のコ・ウンビは熱狂的なミュージカルファン。憧れの大スター、ペ・ガンヒと同じ舞台に立ちたいと、大学を休学してオーディションを受け続けるが、80回も落ちて後がなくなってしまう。遂には男装して、男性アンサンブルのオーディションに挑むが、投資者のユ・ジンに女だと見破られ会場からつまみ出される。そんなウンビにニューヨーク帰りのクリスティンという女性が「指導してあげる」と声をかけてくる。

ページTOPへ

第2話 有名作曲家の指導

実は自身も舞台女優の卵だったクリスティンことサ・ボクジャ。ウンビは呆れるが、彼女が縁で有名作曲家のホン・ジェイと知り合う。実は1年前にウンビの歌を「ヘタクソ」と笑ったのが彼だった。改めてウンビの歌を聴いたジェイは指導を買って出る。さらに、彼の計らいで特別にオーディションを受けるが、練習のし過ぎで声が出ず失敗してしまう。故郷の大邱に帰ったウンビは、父から舞台を諦めて復学しろと言われ…。

ページTOPへ

第3話 運命のオーディション

ウンビを迎えに来たジェイは「君のために曲を書く」と言う。ジェイは恋人だったガンヒと別れた後、ミュージカルから遠ざかっていた。そんなジェイにガンヒは「また組もう」と持ちかける。だが、ジェイは友人の劇団主宰者ク・ジャクが作るミュージカル『清潭洞の九尾狐』のヒロイン・ドファ役にウンビを推薦し、彼女のために新曲を書く。オーディション当日、ウンビは審査員のガンヒに言われ半音上げて歌うが…。

ページTOPへ

第4話 あり得ない提案

高いキーに対応できなかったウンビだが、ジェイは彼女を励ます。ウンビが演じるドファが見たいとこだわるジェイに、ジンは『清潭洞の九尾狐』への投資を持ちかけ、ガンヒとウンビのWキャストでの上演を提案。それを聞いたウンビは絶対にあり得ないと拒否するが、後日ジンに再度オーディションを行ってほしいと申し出る。その頃、大邱に住むジンの両親を訪ねた婚約者のラギョンは、ジンの母が重い病気だと知る。

ページTOPへ

第5話 ワークショップ始まる

ジンはウンビを作曲家に取り入って役を得ようとする人物だと思っていたが、誤解だったと認識を新たにする。再オーディションで審査員を納得させ、見事にドファ役に選ばれたウンビ。ジェイは「輝いていた!」とウンビを抱きしめて喜ぶ。間もなく、『清潭洞の九尾狐』のワークショップが開かれることになり、みんなが地方の合宿所に集まる。普通なら来ないはずのガンヒもそこにやってきて、ウンビの指導を始めるが…。

ページTOPへ

第6話 交錯する想い

ジェイとよりを戻そうと考えるガンヒだが、ジェイは相手にしない。そんな2人に不信感を抱くガンヒの夫。一方、マーケティング担当として参加していたラギョンは、ジンがウンビに向ける眼差しを見て不安になる。夜、キャンプファイアーで火傷したラギョンを病院へ運んだジンとウンビは、待合室で互いの境遇を話すうちに打ち解けていった。戻ってきたウンビにガンヒは「ジェイとの仲を邪魔しないで」と釘を刺す。

ページTOPへ

第7話 波乱の予感

ウンビはガンヒの言葉をジェイに伝えるが、彼は「もう終わったこと」と一笑に付す。そして、奥手なウンビに恋愛の大切さを説く。そんなジェイにジャクは「ウンビとジンの間に何かが起こりそうだ」と話す。ジンの母ソニは病状が悪化していく。ジンは大型ミュージカル『モンテ・クリスト伯』の韓国やアジア各地での上演権取得が実現可能となり心を動かす。そうとは知らないウンビたちは熱心にレッスンを続けていた。

ページTOPへ

第8話 上演中止の危機

ジンのウンビへの対応に嫉妬を隠せないラギョン。ワークショップでラギョンに一目惚れした演出助手のジュニョクはそんな彼女を気遣う。『モンテ・クリスト伯』の主役を熱望するガンヒは、ジンが『清潭洞の九尾狐』の上演を優先させようとしていると知り、ジンの祖父であるユ会長に根回しをする。その結果、『清潭洞の九尾狐』の上演延期が決定。ジャクはメンバーに中止だと告げる。怒ったウンビはジンに抗議をする。

ページTOPへ

第9話 大女優の申し出

酔い潰れたジェイに酔い覚ましのスープを作るウンビ。ジェイはウンビに「最後まで一緒にやろう」と言って、自分たちだけの手で上演できる方法を模索する。間もなく、製薬会社の会長職を継いだ先輩からの投資が得られることになり喜ぶジェイとジャクだったが、アイドル歌手ジェシーを主演させるという条件がつく。その頃、ウンビはガンヒから『モンテ・クリスト伯』で自分の代役を務め一から学ばないかと提案される。

ページTOPへ

第10話 ウンビの決心

ジェシーが自分とのWキャストを拒んでいると知ったウンビは降板を考え始める。法的に『清潭洞の九尾狐』の上演を阻止できるジンだが、舞台に立つウンビが見たいから邪魔しないと言う。落ち込んだウンビはジェイの作曲によるミュージカルを見に行く。その後、自らガンヒを訪ねて彼女の代役となる決心を告げる。ジェイはウンビへの愛を告白するが、母に捨てられ愛を信じられないウンビは彼の気持ちを受け入れられない。

ページTOPへ

第11話 10億ウォンのために

ウンビは『モンテ・クリスト伯』のカンパニーに合流し、黙々と稽古を始める。そんなウンビにジンは母の思い出の品を贈る。ジェシーは日本進出を発表。事情を問いつめたジェイは、彼女が最初からミュージカルに出る気はなかったと知る。投資金10億ウォンの返済を求められ窮地に陥ったジェイは、以前申し出のあったアイドルグループの事務所と専属契約を結ぶ。作曲に専念するジェイの前にアルバム担当のアン・ソンアが現れる。

ページTOPへ

第12話 絡まる恋模様

ソンアはジェイの高校時代の同級生だった。2人は思い出話に花を咲かせる。ジェイとソンアが一緒にいるところを目にしたウンビはその後、過労で倒れてしまう。ジンがウンビを病院に運ぶところを見て一人泣いたラギョンは、ジンに「絶対に別れない」と宣言する。病み上がりのウンビは稽古休みを利用して帰省。隣家のユ・ジニョンとソニ夫婦の息子がジンだと知る。そして、ウンビからのメールで大邱にジンがやって来る。

ページTOPへ

第13話 両親の真実

ジンは母が重い病気で記憶を失い、余命わずかと聞かされショックを受ける。一方で、父が身勝手から会社や自分を捨てたと思っていたのが誤解だったことを知る。ラギョンもジンを追って大邱に来るが、夜中にウンビに電話するジンを見て打ちのめされ、思わずジュニョクに連絡をする。翌日、姿を消したジンの母は事故に遭い、ケガを負って病院に収容されていた。その頃、ソンアはジェイに「一緒に暮らして」と言うが…。

ページTOPへ

第14話 少しずつ元に戻そう

一時的に快復したジンの母ソニは「幸せになるために努力するように」とジンに言い残して息を引き取る。ジェイはソニの葬儀の後、ウンビをソウルまで送っていく。キスを交わした2人は再び歩み寄ろうとしていた。『清潭洞の九尾狐』は人気上昇中の男優を得て、週末の大邱の選考会への出場が決まり、ウンビはヒロインを務めてくれと頼まれる。だが『モンテ・クリスト伯』も、週末にウンビの通し稽古が行われることになる。

ページTOPへ

第15話 彼らの選択

ジンに別れを告げたラギョンはジュニョクを呼び出して、彼の胸の中で思い切り泣く。ジンはウンビに「ただ見守ってほしい」と頼む。婚約解消を知ったユ会長は、ラギョンの父・ソ会長からの投資が必要だとジンを説得するが、ジンは決心を変えない。ウンビはジェイの気持ちを受け入れることを決めていた。週末、大邱では選考会が始まる。ヒロインとして舞台に上がったのはウンビだった。審査員席でその姿を見たガンヒは…。

ページTOPへ

第16話(最終話) それぞれの道

『清潭洞の九尾狐』は見事に1等に選ばれるが、ガンヒは上演権が劇団にないため無効だと言い出す。それに対しジンは、すでに上演権を譲ったと書類を見せる。その後、ガンヒの横槍で異動させられたジンは祖父に辞表を提出し、『清潭洞の九尾狐』の制作を買って出る。ウンビはジェイに見守られミュージカル女優への第一歩を踏み出そうとしていた。一方『モンテ・クリスト伯』の初日を成功させたガンヒは喉に異変を感じて…。