韓流シネマ・フェスティバル“アンコール”
愛なんていらない

愛を信じない孤独な男女が偽りの関係でめぐり逢ったとき、闇に閉ざされた冷酷な世界に思いがけない愛の光が差し込む。

2002年にテレビ放映された渡部篤郎、広末涼子主演〈愛なんていらねえよ、夏〉の韓国版リメイク。実の母に捨てられ、心を閉ざす盲目の娘ミンに『ダンサーの純情』のムン・グニョン。“国民の妹”と呼ばれた彼女が、疑念を抱きながらもホストのジュリアンに魅かれてゆくミンの心の軌跡を、ヴィヴィッドに演じている。一方、栄光から絶望へ転落したジュリアンに、〈プラハの恋人〉のキム・ジュヒョク。これまで甘く誠実な魅力で人気を獲得した彼が、危険な香りを放つホストの仕草や話し方を、特訓を受けて体得した新イメージも話題に。


韓国の国民的妹、ムン・グニョン主演最新作。 テレビドラマ〈愛なんていらねえよ、夏〉のリメイク。 漆黒の闇を照らす愛の光──胸を打つ希望の物語。

◆STAFF 監督:イ・チョルハ(デビュー作)
◆CAST ムン・グニョン『ダンサーの純情』『マイ・リトル・ブライド』 キム・ジュヒョク『シングルス』〈プラハの恋人〉 チン・グ『甘い人生』『卑劣な街』

 
2月9日(土)-2月15日(金) 10:30 --