最新ニュース
コメント
予告編はこちら
イントロダクション
物語
原作について
俳優&監督紹介
傑作アクション七選
姫路ロケ日記
宣伝マン ブログ
上映劇場
姫路ロケ日記

姫路フィルムコミッション、Kさんの
『風のファイター』姫路ロケ日記

こんにちは姫路フィルムコミッションです。『風のファイター』のロケが姫路でおこなわれ、その時撮影支援をしたので少しその時のことを皆さんに聞いていただきましょう。
まずロケが終わっての感想ですが、「いやー死にそうでした!」。『ラスト サムライ』のロケなど色々なロケを経験してきましたが、一番大変なロケでした。実は『風のファイター』は姫路ロケ以外にも京都と愛知県犬山市でも撮影が行われ、姫路は日本ロケのスタート地点、最終的には約2週間連続のロケだったそうです。ところで、フィルムコミッションとは無償で撮影の支援を行う団体のことです。姫路の場合は姫路市・姫路商工会議所・姫路青年会議所・姫路観光協会・姫路市文化振興財団の5団体で2001年9月に設立しました。撮影場所の提案から、各施設との間に立っての調整役、ホテルや弁当会社の斡旋などをおこなっています。

姫路での撮影場所ですが以下のとおりです。
・世界文化遺産・姫路城
・姫路城周辺
・増位山随願寺(姫路市内にある天台宗のお寺)
・祝田(はふりだ)神社(姫路市の北西部にある小さな神社)
・塩田温泉上山旅館(姫路市の北に隣接する飾磨郡夢前町にある温泉)
・亀山本徳寺(姫路市内にある浄土真宗のお寺、NHK新選組のロケも)

さて、この映画を撮影することになった経緯についてですが、2002年の秋に神戸フィルムオフィスを通じて話がありました。日本でのロケ希望として、古い学校や40年代の町並み、料亭、神社、道場、交番などなど、その中に姫路城もありました。2003年の1月には監督が来日され18個所(姫路市とその周辺で)のロケハンを行いました。撮影予定は春でしたが、諸所事情があり延期となりましたが、同じ年の秋、再度監督がロケハンをおこないました。この時はロケ地となる場所を具体的に確認していきました。監督の帰国後、撮影許可がいただけるよう、各施設の代表者に撮影内容の説明をしました。やはり苦労したのは姫路城でした。姫路城ではアクションシーンを撮影するのですが、監督のイメージは色々なことをしたい。しかし、姫路城は国宝なので文化財を傷つけない方法を提案しながらの話し合いをし、許可をいただきました。撮影が近づきスケジュールが出てきたのですが、とんでもないスケジュールになっていました(この後、日記を読んでいただければ分かります)。しかし、このスケジュールに併せ許可を頂き、駐車場などの手配も行い、とうとうロケの日を迎えました。

 

2004年2月3日


初日のロケが終了したのは夜中の3時ごろでした。2日目のロケのため私は車で仮眠をとり午前6時には姫路城に行きました。実は準備のため新年から1日も休みがとれず、すでに疲れはピークに達しています。後は気力で…。今日も同じく姫路城の後、夜は随願寺のロケです。初日の姫路城は撮りこぼしが多く、今日は朝一から話合いを行い、予定の変更をおこないました。しかし2日目になれば、FCスタッフと監督との意思疎通も出来てきて、大きな問題もなくロケは進んでいきました。でも確実にスケジュールは遅れ気味です。本日の撮影は姫路城天守閣の真下の広場に舞台を組み、そこでの格闘シーンの撮影。本日の撮影終了時間は少し早めで夜中の2時でした。今日で随願寺での撮影は終了です。

 

2004年2月4日


3日目にもなるとスタッフ皆が要領を得てきたこともあり撮影は順調? とはいえ今日はお城の濠に飛び込むシーンの撮影です。ロケハンでスタントマンが水中の確認を行い安全には万全を期していますが少し不安も! しかし、やはりプロフェッショナル!寒いこの時期に何度も濠に飛び込んで、役者も大変ですねー。ところで今日の夜間撮影は祝田神社。神社内での決闘シーンの撮影です。当然朝から神社で準備は行っています。しかし、もうとっぷりと日が暮れた頃、アクシデントが発生! クモの巣を作る絹糸の綿がないとのこと。さあFCの力の見せ所! 商工会議所のFC担当者と連絡を取り、絹糸の綿を扱っている会社の倉庫を探してもらいました。当然ロケは順調に進み、朝には祝田神社の第1日目のロケは終了しました。

 

2004年2月5日


4日目? ほとんど寝ていないのでよく分かりません。とりあえず帰宅し、お風呂入りリフレッシュ!
すぐに上山旅館へ。ここでは広間で芸者(平山あや)の舞を撮影します。撮影は順調に進み終了! しかし、本当にいい温泉です。このまま湯につかり寝てしまいたい…。さあ、今夜も祝田神社での撮影、寒さと眠気との戦いが始まります。ここで制作スタッフより私に問合せが、「ここ(上山旅館)から神社までの近道はありますか? 監督らが到着前に辿り着きたいのですが」「ありますよ! 車で先導します」ここは地元の利、監督他メインスタッフは広い県道を走行。私達は細い峠の道を走り先回り。先回りをした理由は、スタッフの夕食の準備をするためでした。これは今回の撮影に限らず、スタッフにとっての楽しみは食事というのがよくあることです。今回はロケ弁当ではなく、寒いこともあって現場でのケータリングをおこない、牛丼やそばなど温かいものを提供しました。特に韓国スタッフのため今回の食事には必ずキムチが登場! 私も1週間キムチを食べ続けました。

 

2004年2月6日


昨晩からの撮影が終了したのは朝8:00。夕方からの最終撮影に備え、一旦帰宅することになりました。私のロケ日記も最終日のことを書かずして、ここで終了です。2月7日の朝、撮影は無事終了し、スタッフは次のロケ地(京都、犬山)へ出発して行った、と後日聞きました。この後京都で3日、犬山で2日のロケを行い、韓国スタッフは帰国したと日本側のスタッフからも聞きました。
ところで最後の撮影に私は参加できなかった理由は…。一言だけ、私の息子の誕生日は2月6日です。

 


姫路フィルムコミッション Kさん 
プロフィール

1968年2月12生まれ 男
FC歴約5年ですが地方公務員です。
関西弁?姫路弁しか話せません。

 

 

ページTOPへ

Cinemart
Copyright © 2006 SPO Co., Ltd. All Rights Reserved.