最新ニュース
コメント
予告編はこちら
イントロダクション
物語
原作について
俳優&監督紹介
傑作アクション七選
姫路ロケ日記
宣伝マン ブログ
上映劇場

猛牛との対決
「お前、牛か? 俺様は崔永宜だ!(※チェ・ペダルの別名)」こんなセリフが韓国映画「ナンバー3」で人気俳優、ソン・ガンホの口から出るほど、あまりにも有名な伝説的シーン。岩よりも硬い牡牛の角を素手で叩き割るペダルの姿は松竹の記録映画に収められて日本全国に公開され、以後、ペダルは“ゴッドハンド”と呼ばれるようになる。なお、本作の“雷電号”役で登場した牛は、角の長さがおよそ25cmに達し、重さは700kgを超える全国闘牛大会一位出身の正真正銘のファイター(!?)。人間のアクション俳優よりも高い破格の出演料が支払われたという、ペダルの“宿敵”に相応しい特A級スターである。
Cinemart
Copyright © 2006 SPO Co., Ltd. All Rights Reserved.