ハッピーエンディング

イントロダクション&ストーリー

テレビ局の熱血記者キム・ドゥス(チェ・ミンス)。出世は仲間より遅れているのの、天使のように朗らかな妻ソナと3人の子供たち、そして長女が生んだ孫に囲まれ、幸せに暮らしていた。そんなある日、健康診断を受けたドゥスは、血液のガンである多発性骨髄腫に冒されていることが判明する。しかも末期で、余命半年という宣告され、失意に陥るドゥス。彼はバケットリストを作成し、家族との美しい別れを準備することを決意する。

コラム

秋元康原作「象の背中」が韓国ドラマ化!夫婦で一緒に見て欲しい、笑って、泣ける!ハートフル・ラブストーリー!

日本では2007年に役所広司主演、妻役を今井美樹で映画化、そしてアニメ化もされ大きな話題となった秋元康の小説「象の背中」。小説を読んだイ・ジャンスプロデューサーがドラマ化を熱望し、ドラマ化!
「終活」という重いテーマを扱いながらも、テンポがよく、明るく笑えるユーモアが随所に散りばめられた本作は、夫の想い、妻の想い、そして家族の想い、それぞれの立場から笑って、泣けて、共感できるハートフル・ラブストーリー!!
主演は、ミンスの熱演!
末期ガンを患う父親役という主人公を演じたのは、「砂時計」「太王四神記」「ペク・ドンス」「シンイ?信義?」など多くの話題作でそのカリスマ性や存在感を見せつけてきた名優チェ・ミンス。末期ガンを患う父親役ということで、ストーリーの後半では10キロもの減量をするなどした迫真の演技は必見!

キャスト・スタッフ

監督
クァク・ヨンボム
脚本
キム・ユンジョン
出演
チェ・ミンス、シム・ヘジン、イ・スンヨン、ソ・イヒョン、ソ・ユジン、キム・ソウン

関連DVD情報

関連サイト

ユーザーレビュー

ユーザーレビューを投稿する

一覧へ戻る