ボルジア 欲望の系譜

イントロダクション&ストーリー

15世紀末イタリア、ルネッサンス期。華やかな芸術に満ち溢れ、商業は繁栄し、人類の文化は頂点を極めていた。一方、貴族や下層階級の対立や一族同士の争いは絶えず、犯罪、レイプ、殺人がはびこる堕落と腐敗に満ちた時代でもあった。世界の中心は、王国や帝国間の争いを調停するバチカンにあり、「ボルジア家」はバチカンの権力と名誉の象徴である法王(教皇)の座を狙っていた。
1492年の法王選挙(コンクラーヴェ)。オルシーニ家、コロンナ家、ローヴェレ家その他の名門貴族と争ったボルジア家の当主ロドリーゴは、念願の法王(教皇)の座を勝ち取った。神の名の元に、目的を果たすためなら恐るべき策略をも張り巡らし、「毒蛇の一族」として忌み嫌われたボルジア家。彼らが統治した時代は後に「カトリック教会史上最悪の時代」と言われた…。

コラム

ルネッサンスの闇 ― 法王になった怪物
史上最狂の法王を生んだボルジア家を描いた歴史劇の決定版!

『ローマ』『スパルタカス』『ゲームオブスローン』ら歴史・エロチック・泥沼などの要素が絡み合ったサスペンスドラマ!
悪道の数々が語られるボルジア家。しかし彼らが実際には、今のバチカン、引いてはヨーロッパの「基礎」を作ったのも事実。本作は、これまで数多くの映画や小説、ゲームなどで取り上げられたボルジア家の「悪いからこそ魅せられる」本質を余すところなく描く。法王選挙(コンクラーヴェ)や罪人の処刑、近親相姦、スキャンダラスな私生活、背徳の数々まで、TVドラマではありえない、バチカンのタブーに触れる衝撃の欲望と陰謀の数々を暴露!
史上最狂の法王を生んだボルジア家の背徳にまにれた禁断のエロティック歴史劇の決定版!

キャスト・スタッフ

監督
オリヴァー・ヒルシュビーゲル「es[エス]」「ヒトラー~最後の12日間~」
脚本
トム・フォンタナ
出演
ジョン・ドーマン、マーク・ライダー、イゾルデ・ディシャウク、スタンリー・ウェバー

関連DVD情報

関連サイト

ユーザーレビュー

ユーザーレビューを投稿する

投稿者:情報漏洩  投稿日:2017/04/22

香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラで指切断の重傷を負わせた犯罪企業.中卒岸下守がやった.

一覧へ戻る