孫子兵法

イントロダクション&ストーリー

中国春秋戦国時代、群雄が割拠する戦乱の時代。斉国では田(でん)氏、鮑(ほう)氏、国(こく)氏、高(こう)氏の四大家系が国の高官に就いており、お互いに権勢を争い、いがみ合っていた。
そしてもう一つの家系・孫(そん)氏は田氏と同じ一族であったため国氏、高氏から敵視されていた。孫氏の跡継・孫武(そんぶ)と国氏の跡継・無咎(むきゅう)は親友であったが、二人は高氏の紫蘇(しそ)に想いを寄せるライバルでもあった。
そんな中、国氏と高氏が孫・田一族を奇襲するが失敗、逆に一族を皆殺しにされてしまう。無咎は、孫武とその一族への復讐を心に誓い、紫蘇とともに楚国へと逃亡する。一方、友情と恋を一度に失い、一族に失望した孫武も斉国を離れ呉国へ行き、自らの軍事知識をまとめた兵法書の執筆を開始する。

コラム

『孫子兵法』とは、中国および世界軍事理論史上最も早期に形成された戦略システムの専門的著書。全十三篇に分けられ、たった五千余の言葉から構成された内容は、充実し深く、戦争の規律、哲学、理論、謀略、政治、経済、外交、天文学、地理学など各方面に及ぶ。全世界の言語に翻訳され、現在でもビジネス界で活用されている。

本作は、その世界的に有名な兵法書の生みの親、孫武(そんぶ)の波乱に富んだ半生を、史実をベースに描いた歴史大作ドラマ。
製作費4億円、激しい戦闘シーンの数々もさることながら、前半では孫武(そんぶ)と無咎(むきゅう)、後半では孫武と妻・鋤[除T(かくせん)との心理戦も見逃せない。

キャスト・スタッフ

監督
チャオ・ジエン/ウー・ジャータイ/チー・ジエン
出演
チュウ・ヤーウェン、フー・ジン、リー・タイ、ハー・ジュオイェン

関連DVD情報

関連サイト

ユーザーレビュー

ユーザーレビューを投稿する

投稿者:名無しのリーク  投稿日:2017/01/23

香川県のパワハラ指切断企業フジフーヅ(ルーちゃんぎょうざ)

一覧へ戻る