宮~Love in Palace

イントロダクション&ストーリー

明るさと元気が取柄のごくフツーの女子高生チェギョンは、祖父と韓国先代皇帝の間で交わされた約束により、王室に嫁ぐハメに!育ちが違う夫の皇太子シンとは、性格も合わず甘い新婚生活とはほど遠い。しかし、厳格な宮廷で育ったシンの孤独な内面に気づき、いつしか理解し惹かれていくチェギョン。そんな中、慣れない宮廷生活やシンのかつての恋人の存在に悩むチェギョンを優しく支えるのは、シンの従兄弟であり皇位継承第2位のユルだった。チェギョンのけなげさに心を開きつつあったシンにとって、ユルの接近はやがて皇位を巡っての対立へと発展してしまう・・・。

コラム

「もしも韓国にまだ王室が続いていたら・・・?」という斬新な設定で大ヒットし、ミリオンセラーに達した韓国の少女マンガが原作。作品の世界観と完成度の高い衣装、60億ウォンを超える豪華なセットデザインが「色彩溢れる」見事なドラマに結実した。韓国では2006年1月より3ヶ月に渡って放送され、マンガのコアファンたちの間で新人ばかりを起用したキャスティング論争が勃発し、放送前より多くの話題を集めた。皇太子シンを演じたのは、モデル出身で美貌と知性を兼ね備えたチュ・ジフン。プリンセス役にはK-POP界出身の元Baby V.O.Xのユン・ウネが抜擢され、同じくシンガーで元UNのJohn-Hoon(ジョンフン)も同作品で本格的に俳優活動に入った。

最高視聴率28.8%という高視聴率でラストを迎えた同作品は、アジア9ヶ国で放送された

キャスト・スタッフ

◆タイトル

  • 英語タイトル Princess Hours

◆製作年

2006年/韓国

◆韓国TV放映

2006/1/11~2006/3/30MBC

◆キャスト

シン・チェギョン(皇太子妃): ユン・ウネ「ぶどう畑のあの男」
イ・シン(皇太子): チュ・ジフン
イ・ユル(義誠君): John-Hoon『DMZ 非武装地帯』
ミン・ヒョリン: ソン・ジヒョ「朱蒙」『狐怪談』
皇帝: パク・チャンファン「宮廷女官チャングムの誓い」「勝負師」
皇后(ミン): ユン・ユソン「コッチ」
ソ・ファヨン(恵政宮): シム・ヘジン『銀杏のベッド』『パク・ポンゴン家出事件』
皇太后(パク): キム・ヘジャ「春の微笑み」

◆スタッフ

監督: ファン・インレ「ごめん、愛してる」「マイ・ラブ・リンリン」
脚本: イン・ウナ『カル』
原作: パク・ソヒ
制作: エイトピークス「ごめん、愛してる」「ベストカップル」
挿入歌: HowL&J『Perhaps Love』、Stay:『君も・・・僕も愚かだね。』

関連DVD情報

関連サイト

ユーザーレビュー

ユーザーレビューを投稿する

投稿者:名無しのリーク  投稿日:2018/06/21

香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業。中卒社員岸下守の犯行。

投稿者:Honaken  投稿日:2007/10/03

東京だけかと思っていた映画館での上映を、大阪でも実現していただき本当にありがとうございました!ホントは毎日でも観に行きたいのですがお仕事が??夜の部も期待しています。

一覧へ戻る