薔薇之恋~薔薇のために~

イントロダクション&ストーリー

背が低く、体は太めで顔もイマイチな枕野ゆりは、人生最悪の日を迎えていた。一年付き合った恋人にフラレたその日に、唯一の肉親の祖母にも先立たれ天涯孤独となってしまう。しかし、祖母の遺言で「実はゆりの母親は生きており、しかも大女優の花井しょう子である」ことを知る。早速、花屋敷家を訪ねるとそこは母親の他に、美しい3人の異父兄弟が暮らしていたが、彼らは超美しく、超キツイ性格だった。現実にも、同じ屋根の下で暮らしはじめたゆりは、酔った時だけ優しい兄のスミレに恋をしてしまうが、外見のコンプレックスと彼の亡くなった恋人の存在、そして自分が妹ということで愛する自信が持てなかった。一方、弟の葵もスミレに想いを寄せ何かとゆりに当たるが、やがて葵の中でスミレよりもゆりへの想いが強くなっていたことに気づく・・。

コラム

「みにくいアヒルの子が、実は大女優の娘だった!?」チビ、デブ、ブス。でも、性格は美人(?)!そんな外見コンプレックスだらけのヒロインが愛し、愛される自信をえて、本当の幸せをみつけるまでの成長ラブストーリー。原作はその深い人物描写で見事“第39回小学館漫画賞”を受賞した、少女コミック「薔薇のために」(吉村明美著/小学館)。原作の世界観そのままに、タフで健気なヒロインに台湾をはじめ世界が絶賛、04年の台湾版エミー賞を獲得した話題のドラマ。現在世界8ヶ国に輸出され、「流星花園」以来のヒットを飛ばした傑作ドラマ。

キャスト・スタッフ

◆タイトル

  • 北京語タイトル 薔薇之恋

◆製作年

2003年/台湾

◆台湾TV放映

03年5月~台湾電視台(TTV)

◆キャスト

枕野ゆり: エラ・チェン「花様少年少女」(原題)
スミレ: ジェリー・ホァン
葵: ジョセフ・チェン「イタズラなKiss~惡作劇之吻~」
芙蓉: ルー・ミンジュン「イルカが猫に恋をした」
花井しょう子: セシリア・イップ『ふたつの時、ふたりの時間』

◆スタッフ

原作: 吉村明美著「薔薇のために」(小学館刊)
プロデューサー: 馮家瑞/齊錫麟/王信貴
監督: 瞿友寧「イタズラなKiss~惡作劇之吻~」「美味関係」(原題)

関連DVD情報

ユーザーレビュー

ユーザーレビューを投稿する

投稿者:名無しのリーク  投稿日:2017/07/12

香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業

一覧へ戻る